【片持ち梁】cantilever

この世界遺産がある都道府県は?
(画像出題)
(三菱長崎造船所、ジャイアント・カンチレバークレーン)
ながさき(答)
ながさきけん(答)
42%

ジャイアント・カンチレバークレーン【非公開施設】(ジャイアント・カンチレバークレーン)

日本の造船技術が世界レベルになった当時の貴重な財産

長崎港の中央にそびえる、同型としては日本に初めて設置された電動クレーンです。150tの吊上能力を持ち、電動気モーターで駆動するものです。現在も大型製品を出荷する際に活躍する現役の施設です。そのため非公開施設ですが、対岸のグラバー園からはその勇壮な姿を見ることができます。
また、旧木型場行のシャトルバスからは間近に見ることができます。
引用元:ジャイアント・カンチレバークレーン【非公開施設】|スポット|長崎市公式観光サイト「 あっ!とながさき」 https://www.at-nagasaki.jp/spot/62108/

明治日本の産業革命遺産
更新日:2017年12月15日 ページID:030626

我が国は、幕末から明治期にかけてのわずか半世紀で急速な産業化(産業革命)を成し遂げました。
この産業革命は、鋳鉄技術の模索や洋式船の模倣など、長崎に入ってくる蘭書を片手に試行錯誤を繰り返すことから始まりました。その後、西洋技術を受け入れながら専門知識を習得し、明治後期には人材も育ち産業化が完成。我が国の産業革命は、非西洋地域において自らの努力によって成し遂げたことに大きな意味があり、工業立国としての土台を築きあげるきっかけとなった大きな出来事です。
長崎のまちは西洋の知識と技術の導入の窓口でした。そして開国前の幕末期、長崎にやってきたトーマス・ブレーク・グラバーは、日本の侍と西洋技術を結びつける触媒の役割を果たしました。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は、西洋から非西洋への産業化の移転が成功したことを証明する遺産群で、平成27年7月に世界遺産登録されました。

「明治日本の産業革命遺産」は、全国8県11市の23の構成資産で世界遺産価値を証明していますが、このように複数の構成資産で1つの世界遺産価値を証明する手法をシリアルノミネーションといい、それぞれの資産が下の図のとおり、産業分野と時代別に貴重な役割を果たしています。

長崎にある構成資産
長崎には23資産のうち8つの資産があり、非稼働資産と稼働資産があります。
非稼働資産とは、端島や旧グラバー住宅などのように、すでにその本来の目的を終え今は文化財として保全されている資産です。一方、稼働資産とは、三菱重工業株式会社長崎造船所内にあるジャイアント・カンチレバークレーンなどのように今も現役で活躍している資産です。
引用元:長崎市│明治日本の産業革命遺産 https://www.city.nagasaki.lg.jp/kanko/840000/843000/p030626.html

三菱重工長崎造船所(長崎市)の「ジャイアント・カンチレバークレーン」は、長崎港のシンボルになっている。高さ61.7メートル、クレーンの腕の長さ73メートル。150トンのつり上げ能力を持つ。1世紀以上現役で稼働している日本初の大型電動クレーンだ。

増加する観光客にJR長崎駅構内には、「長崎市世界遺産案内所」が設置されている
 明治42(1909)年に完成。当時としては最新の英国製で、従業員の平均月収が16円の時代に28万8千円をかけて造られた。

 昭和20年、原爆投下されたが、クレーンは爆心地から直線距離で4キロ弱に位置するにもかかわらず、大きな損壊もなかった。

 現在、タービンや大型スクリューなどの船積みに利用されている。クレーン上部の操作室まで行くエレベーターは設置されておらず、244段の階段を約8分かけて上らなければならないという。

 平成27年7月、端島炭坑(軍艦島)などとともに「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成要素として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。その効果もあって長崎市の同年の観光客数は過去最高の669万人を記録している。

 クレーン内部は非公開だが、港周辺を歩けばその大きさからすぐに見つけることができる。近くに住み、かつて造船業に従事していた今道勝行さん(72)は「日常の風景で世界遺産の実感はないけど、特に外国人観光客が増えた気がする。いいことだと思う」と話す。

 日本の造船業を支えてきた長寿クレーンは今後、観光業との“二刀流”で活躍を続ける。
(写真報道局 桐山弘太)
引用元:view 世界遺産の現役クレーン 長崎市・三菱重工長崎造船所 – 読んで見フォト – 産経フォト https://www.sankei.com/photo/story/news/170129/sty1701290003-n1.html

カンチレバー(英語: cantilever)は、一端が固定端、他端が自由端とされた構造体(特に梁)である[1]。

概要[編集]
カンチレバーは、キャンティレバー、あるいはこの省略形としてキャンティと呼ばれることもある。梁におけるものが代表的であり、日本語では片持ち梁、片持ちばり(かたもちばり)と呼ばれる[1]。水泳プールにある飛び込み板は、片持ち梁構造の代表的な形である。片端が突出している(通常は垂直な)支持体に一端が固定されている梁やプレートなどの剛性構造要素であり、この接続は、壁などの平らで垂直な面に対して垂直にすることもでき、片持梁はトラスまたはスラブで構成することもできる。構造的な荷重を受けるとモーメントとせん断応力によって[2]カンチレバーは荷重を支柱にかける。 [要説明] 片持梁構造は、支柱間に荷重をかけて両端で支えられる構造、例えば支柱および鴨居などのシステムに見られる単純支持梁などとは対照的に、外的な支えなしに構造を張り出すことを可能にする。
引用元:カンチレバー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC#:~:targetText=%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC%EF%BC%88%E8%8B%B1%E8%AA%9E%3A%20cantilever%EF%BC%89%E3%81%AF,%EF%BC%88%E7%89%B9%E3%81%AB%E6%A2%81%EF%BC%89%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82