【OAPEC】クウェートシティ

OPECの本部がある都市は?
ウィーン(答)

リヤド
シンガポール
クウェート
45%

石油輸出国機構(せきゆゆしゅつこくきこう、英: Organization of the Petroleum Exporting Countries、略称:OPEC(日本語発音:オペックopec、アメリカ英語発音:[ˈoʊpek] オウペク))は、国際石油資本などから石油産出国の利益を守ることを目的として、1960年9月14日に設立された組織である。設立当初は、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの5ヶ国を加盟国としていたものの、後に加盟国は増加し、2018年7月現在では15ヶ国が加盟している。世界最大のカルテルとされ、1970年代には石油の価格決定権を国際石油資本より奪い、2度のオイルショックを引き起こしたが、1986年からは石油価格の決定権は自由市場へと移ったこともあり、現在では価格統制力はそれほど強いものではない。なお、オーストリアは加盟国ではないものの、石油輸出国機構の本部は首都ウィーンに設置されている。

OPECの最高決定機関は、全加盟国が参加する総会である。総会は6月と12月の年2回開かれるほか、緊急案件のある場合には臨時に開くことも可能である。加盟国の4分の3以上の参加によって開くことができ、全会一致によって決議となる[4]。機構維持のための拠出金は石油産出量にかかわらず各国同額とされているが、これは生産量の少ない加盟国の不満の種となっており、過去にこれを不服として1992年のエクアドルおよび1995年のガボンの2か国が脱退している。ただし、2007年にはエクアドルが、2016年にはガボンが再加盟を果たし、両国ともOPECに復帰した。加盟国内で最大の石油産出量および埋蔵量を誇るサウジアラビアの発言力が大きくリーダー的存在となっているが、加盟国に決定を強制するシステムが存在しないためその指導力は弱いものであり、しばしば加盟国が減産の決定に従わないことがある。

1960年8月、石油メジャーが再び価格の引き下げを行うと、石油産出国はそれに反発し、1960年9月14日、イラクのアブドルカリーム・カーシムの呼びかけに応じてイラク、イラン、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの五カ国の代表がバグダードに集まり、中東地域の産油国を中心として、石油輸出国機構を設立した[12]。本部は当初スイスのジュネーブに置かれた[13]が、のちにウィーンへと移転した。また加盟国も徐々に増加し、1961年にはカタール、1962年にリビアとインドネシア、1967年にアブダビ首長国(1971年にアラブ首長国連邦に参加したため以後同国が加盟権を受け継ぐ)、1969年にアルジェリア、1971年にナイジェリアが加盟し、石油産出量におけるシェアが拡大していった。またこれに伴い、OPECは石油メジャーと対抗できる実力を備えつつあった。
引用元:石油輸出国機構 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%B2%B9%E8%BC%B8%E5%87%BA%E5%9B%BD%E6%A9%9F%E6%A7%8B

嗚呼!行く魚が ベイエリア。

アルジェリア

 アラブ首長国連邦 

   イラク 

    クウェート

     サウジアラビア

      カタール

       ナイジェリア

         ガボン

          ベネズエラ

            イラン インドネシア

             エクアドル

              リビア

               アンゴラ
引用元:石油輸出国機構(OPEC)の覚え方 – ベック式!大学受験暗記法ブログ TOP https://blog.goo.ne.jp/daimajin-b/e/3018e1a673474f192f2e510164895de8

アラブ石油輸出国機構(アラブせきゆゆしゅつこくきこう、英語:Organization of the Arab Petroleum Exporting Countries, 略称:OAPEC(オアペック))は、アラブ世界の産油国が、石油事業促進を目的として結成した国際機構。本部はクウェートの首都・クウェートシティに置かれている。引用元:アラブ石油輸出国機構 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E7%9F%B3%E6%B2%B9%E8%BC%B8%E5%87%BA%E5%9B%BD%E6%A9%9F%E6%A7%8B