【広島市と鹿児島市】キョウチクトウ、クスノキ【市の花、市の木】

原爆により焦土と化した広島に
いち早く咲いたことから、市民に
復興への希望と光を与えてくれた
として広島市の花となったのは?
キョウチクトウ(答)

シャクナゲ
レンゲツツジ
カキツバタ
45%

次の植物と、その原産国の
正しい組み合わせを選びなさい
ハナミズキ───アメリカ
キョウトクトウ───インド
サルスベリ───中国

CIMG1070OJvLxAfsliGr
次の作家とその命日に
付けられた名前の
正しい組み合わせを選びなさい
檀一雄───夾竹桃忌
埴谷雄高───アンドロメダ忌
椎名麟三───邂逅忌
山本有三───一一一忌
引用元:「能古島」のこのしま 福岡市にある檀一雄(夾竹桃忌)が愛した花の島 「松島」佐賀県唐津市にあるカトリックのひょうたん島  | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/22031/

キョウチクトウ(夾竹桃、学名: Nerium oleander var. indicum)は、キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木もしくは常緑小高木。和名は、葉がタケに似ていること、花がモモに似ていることから。

強力な毒成分(強心配糖体のオレアンドリンなど)が含まれ、キョウチクトウを燃やして出た煙にも残る(参照: #毒性、#薬用)。

文化[編集]
文学[編集]
檀一雄:夾竹桃忌
市町村の花・木[編集]
千葉県:千葉市(市の花木)、夷隅郡御宿町(町の木)
兵庫県:尼崎市(市の花)
広島県:広島市(市の花)
鹿児島県:鹿児島市(市の花)
このほか、長崎県佐世保市でも市の花に指定されていたが、毒性を理由として指定を取り消されている[11]。
引用元:キョウチクトウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A6

3 市の木(クスノキ)

 戦前は巨樹老木が市内随所に見られ、中でも国泰寺の大クスノキは有名でした。その重厚な趣は、人々の心を和ませましたが、原爆でそのほとんどを失いました。

 しかし、生き残ったクスノキは、いち早く生命をよみがえらせ、市民に生きる希望と復興への力を与えてくれました。現在、四季を彩る常緑樹として育てられ、新生広島を象徴しています。

4 市の花(キョウチクトウ)

 75年間草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花で、当時復興に懸命の努力をしていた市民に希望と力を与えてくれました。

 開花は夏で特に8月6日の平和記念日のころに花の盛りを迎え、咲き競う美しさはひとしお感慨を新たにさせます。
引用元:広島市 – 市の木(クスノキ)・市の花(キョウチクトウ) http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1112000428867/index.html#:~:targetText=%E6%98%AD%E5%92%8C%EF%BC%94%EF%BC%98%E5%B9%B4%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%97%EF%BC%93%E5%B9%B4%EF%BC%89%EF%BC%91%EF%BC%91%E6%9C%88%EF%BC%93%E6%97%A5%E3%80%81,%E3%81%8C%E5%88%B6%E5%AE%9A%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

市の花 きょうちくとう
市の花きょうちくとうの写真

南方系の原産で、キョウチクトウ科の常緑樹。南国の日射しと青い空が似合う、夏を代表する花で、色鮮やかな花が咲きます。本市では、街路の緑地帯や公園に植栽されており、市民に親しまれている花です。(昭和43年11月1日制定)

市の木 くすのき
市の木くすのきの写真

クスノキ科の木で、比較的暖かいところに植生し、高さは20~30メートルにもなります。常緑樹(南国的)で高木(雄大)となり、成長力(発展性)が旺盛であるとのことから、鹿児島市のシンボルとして親しまれるよう市の花と同時に制定されました。(昭和43年11月1日制定)
引用元:市の花・木、市の紋章|鹿児島市 http://www.city.kagoshima.lg.jp/soumu/shichoshitu/kouhou/shokai/monsho.html

市の花木 キョウチクトウ
キョウチクトウ(昭和45年1月制定/キョウチクトウ科・常緑低木)

インド原産で、夏に紅色や白の美しい花を咲かせます。葉が狭く花がモモの花に似ているので漢名を夾竹桃といい、日本名はこれに基づいています。

市の花 オオガハス
オオガハス(平成5年4月29日制定/ハス科・多年草)

市内検見川で発掘された古代ハスの実を故大賀一郎博士が発芽・育成したものです。世界に誇る古代のロマンを秘めたハスとして、本市の象徴ともなっており、昭和29年に千葉県の天然記念物に指定されています。
花期:6月下旬~7月ごろ
引用元:千葉市:千葉市のプロフィール https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kohokocho/prfindex.html

市の木「ハナミズキ」
写真1
ハナミズキの写真
 平成3年3月の尼崎市公園緑地審議会からの答申により、尼崎市「市の木・市の花」選定委員会を設置し、市民アンケートの結果などをもとに平成5年1月18日に選定されました。
(選定理由)
 4月から5月に白や淡紅の花のような大型の総苞が美しく、秋には紅葉し、赤い実をつけるなど、四季の変化に富んでいる。市民選定投票で圧倒的多数であった。緑化空間の比較的狭いところでも植栽可能である。など。

市の花「キョウチクトウ」
写真2
キョウチクトウの写真
 昭和27年4月8日に尼崎緑化協会役員総会の時に、阪本市長、樽谷緑化協会会長等20余名が列席して、尼崎の市花に選定しました。
(選定理由)
 昭和20年代中頃、ジェーン台風などの度重なる台風で、尼崎南部が海水に浸かってしまった時もキョウチクトウは残り、花を咲かせ市民を元気付けたので、天災や戦災からの復興のシンボルとして選定された。

市の草花「ベゴニア」
写真3
ベゴニアの写真
 平成3年3月の尼崎市公園緑地審議会からの答申により、尼崎市「市の木・市の花」選定委員会を設置し、市民アンケートの結果などをもとに平成5年1月18日に選定されました。
(選定理由)
 丈夫で開花期間が長い。市民選定投票において1位であった。緑化イベントの多い4月から5月に開花苗が出回る。品種が多く、室内外でも楽しめるなど用途が多い。など。
引用元:市の木、市の花、市の草花|尼崎市公式ホームページ http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/shisei/sogo_annai/082sinoki.html#:~:targetText=%E5%B8%82%E3%81%AE%E8%8A%B1%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A6%E3%80%8D&targetText=%E6%98%AD%E5%92%8C27%E5%B9%B44%E6%9C%88,%E8%8A%B1%E3%81%AB%E9%81%B8%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82