the name given to a natural rock formation along the banks of the Lena River

2012年に世界遺産に登録された
ロシア連邦・サハ共和国の公園は
「◯◯石柱自然公園」?
カダ
レイ
ミナ
レナ(答)
28%

005OHkuJAKAFq
ロシアを流れる次の大河を
河口が西にあるものから順に
選びなさい
ボルガ川
オビ川
エニセイ川
レナ川
アムール川
引用元:ボルガ川「カスピ海」へ流入 「ロシアの川」西から「ボルガ川」「オビ川」「エニセイ川」「レナ川」「アムール川」「某お嬢様のエレナに会う」 「アンガラ川」バイカル湖から流出する河川・エニセイ川の支流 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/7603/

レナ川の柱群(レナがわのちゅうぐん、ロシア語: Ленские столбы、ヤクート語: Өлүөнэ турууктара)は、ロシア連邦のシベリア極東部、レナ川沿いに見られる自然岩の地形であり、サハ共和国の首都ヤクーツクから上流約180キロメートル[1]、ボートで1日もかからない距離の場所に存在している[2]。柱群の高さは150メートルから300メートルで、カンブリア紀の海盆の隆起と、100度にもなる年較差がもたらす浸食作用で形成されたものである。一帯は1995年にレナ石柱自然公園(レンスキエ・ストルブイ自然公園)に指定され、2012年にはそれがUNESCOの世界遺産リストに登録された[3]。
引用元:レナ川の柱群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8A%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%9F%B1%E7%BE%A4

レナせきちゅうしぜんこうえん【レナ石柱自然公園】

2012年に登録された世界遺産(自然遺産)。レナ石柱自然公園は、ロシアのサハ共和国(旧、ヤクート・サハ共和国)の中央を流れるレナ川の土手に沿ってある自然公園で、壮大な岩の柱の一群を見ることができる。150~300mに達する石柱がレナ川沿いに森のように連なる景観はきわめてエキゾチックである。岩場の亀裂に水が入り、これが凍結・融解を繰り返すことで、石柱間の間隔を広げ、それぞれの石柱を高い塔のようにしてしまう。マイナス60℃から40℃という他に見られないほどの寒暖の変化をみるサハの大陸性気候ならではの現象である。また、この自然公園の岩石には、カンブリア紀の化石が多数含まれ、化石の発掘地としても名が知られている。◇英名はLena Pillars Nature Park
引用元:レナ石柱自然公園(レナせきちゅうしぜんこうえん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%83%8A%E7%9F%B3%E6%9F%B1%E8%87%AA%E7%84%B6%E5%85%AC%E5%9C%92-1497530

Lena Pillars (Russian: Ле́нские столбы́, tr. Lenskiye Stolby; Yakut: Өлүөнэ туруук хайалара, Ölüöne Turūk Khayalara) is the name given to a natural rock formation along the banks of the Lena River in far eastern Siberia. The pillars are 150–300 metres (490–980 ft) high, and were formed in some of the Cambrian period sea-basins. The highest density of pillars is reached between the villages of Petrovskoye and Tit-Ary. The Lena Pillars Nature Park was inscribed on the World Heritage List in 2012.[1]

The site lies around 180 kilometres (110 mi), less than a day’s boat ride, upriver (south) from the city of Yakutsk, the capital of the autonomous Sakha Republic.[2]
引用元:Lena Pillars – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Lena_Pillars

レナ川(ロシア語: Лена, Lena, サハ語: Өлүөнэ, Ölüöne)は、ロシア連邦シベリア東部のイルクーツク州とサハ共和国を流れる川である。世界で10番目に長い川で、流域面積の広さは世界9位である。流域は北半球でも有数の低温の極寒地域であり、大規模な都市が少なく貴重な自然が残っている。

歴史[編集]

多くの研究者は、「レナ」という名の由来はエヴェンキ人がレナ川を呼んだ名である「エリュ=エン」(Elyu-Ene、大きな川)から取られたものとみている。レナ川を取り囲む山地や高原はエヴェンキが、川沿いの平野にはヤクート人が多く住んでいた。

レナ川水系はバイカル湖付近からオホーツク海付近までの範囲を多くの支流に分かれて流れており、その本流は東西方向に長く流れているため、シベリア横断の水路の一部として、ロシア軍の探検家やロシア人毛皮交易商人らによるシベリア横断の旅に使われてきた。レナ川の存在は17世紀にロシア人の知るところとなり、1632年にはコサックにより現在のヤクーツクの位置に砦が作られるなど徐々にロシア人の浸透が進んだ。
引用元:レナ川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8A%E5%B7%9D