【ロッキー】ビッグフット【ヒマラヤ】イエティ

2011年10月にロシアで行われた
国際会議と大規模捜索の結果
「生息する確率は95%」と
結論付けられたUMAは?
ビッグフット

ネッシー
イエティ(答)
チュパカブラ
36%

The Yeti (/ˈjɛti/)[1] or Abominable Snowman is a folkloric ape-like creature taller than an average human, that is said to inhabit the Himalayan mountains. The names Yeti and Meh-Teh are commonly used by the people indigenous to the region, and are part of their history and mythology. Stories of the Yeti first emerged as a facet of Western popular culture in the 19th century. The scientific community has generally regarded the Yeti as a legend, given the lack of evidence of its existence.

At a 2011 conference in Russia, participating scientists and enthusiasts declared having “95% evidence” of the Yeti’s existence.[54] However, this claim was disputed later; American anthropologist and anatomist Jeffrey Meldrum, who was present during the Russian expedition, claimed the “evidence” found was simply an attempt by local officials to drum up publicity.[55]
引用元:Yeti – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Yeti

イエティ(yeti / 雪男 / 雪人)は、ヒマラヤ山脈に住むといわれているUMA(未確認動物)である。全身が毛に覆われ、直立歩行するとされる。イエティには3種類いるとされ、ズーティ、ミィティ、イエティでありこの3種は家族だともいわれている。シェルパの祭りではマハーカーラの使いとして人々に罰を与える眷属とされ、「噂をするとやってくる」と恐れられている[1]。

ラインホルト・メスナーの著書『My Quest for the Yeti』には、そもそもイギリスのエベレスト登山隊がイエティを未確認動物にして資金を集めていた事実が1930年代にドイツの探検家・動物学者E・シェーファーによって証されていたことが記載されている。多くの登山家達が資金繰り[注 1]に悩んだあげく、故意かどうかは別にして、地元でイエティと呼ばれていたヒグマを未確認生物に仕立て上げ、資金源にしていた[独自研究?]。

2017年12月、アメリカの研究チームが、イギリス王立協会紀要「フィロソフィカル・トランザクションズ」に「正体はクマの可能性大」と発表した[3]。
引用元:イエティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%86%E3%82%A3

雪男(ゆきおとこ)は、降雪の多い地方にいると言われているUMA(未確認動物)の総称である。

概要[編集]
ヒマラヤ山脈のイエティ、ロッキー山脈のビッグフットなどを指すことが多い。日本国内では中国山地のヒバゴンも雪男とされる。なお、「雪男」と訳されるが、本来性別は限定されていない。また雪女は全く別物である。中国では「野人」と呼はれる。それぞれの雪男の共通点として、人里離れた山奥に住む、全身毛むくじゃら、直立二足歩行するという特徴が挙げられる。体色については、白、茶色、灰色など諸説あり、共通認識とはなっていない。

目撃証言はあるが、ヒグマやハイイログマ(グリズリー)等の見間違いも多いとされている。それ以外の説としては、毛皮を着た猟師や猿人、ギガントピテクス(アジアに生息していた巨大類人猿の化石種)の生き残り、未発見の生物などが挙げられる。ゴリラがヨーロッパでは(ギリシア時代からの記録がありながら)19世紀末まで架空の生物だと思われていたという例もあるので、雪男についても実在を強く信じる人間は少なからずいる。

一方、ヒマラヤ地域のシェルパが、ヒグマを「イエティ」と認知していたことが判明している(詳細は「イエティ」を参照)。ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった。

しかし、2011年にロシアのケメロヴォ州で開かれた雪男に関する国際会議では、ケメロヴォ州に95%の確率で実在するとの結論が出された[1]。
引用元:雪男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E7%94%B7