【東進】サテライブ【河合】サテライト【代々木】サテライン

次の大手予備校と
通信衛星による講義の名称の
正しい組み合わせを選びなさい
代々木ゼミナール───サテライン
東進ハイスクール───サテライブ
駿台予備学校───サテネット
河合塾───サテライト
23%

次の文字列を組み合わせて大手予備校の特徴を言い表した言葉にしなさい
講師の───代ゼミ
生徒の───駿台
机の───河合

085wHIriOH
次の大手予備校
代々木ゼミナールの講師と
担当している教科の
正しい組み合わせを選びなさい
中本浩喜───英語 なかもとひろき
土屋文明───日本史 つちやふみあき
土屋博映───古文 つちやひろえい
引用元:代ゼミ講師 英語「中本浩喜」 日本史「土屋文明」 古文「土屋博映」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/25253/

大学入学にあたって、基礎的な
学力が不足している生徒に対して
行われる補習教育を
「◯◯◯◯◯◯教育」という?
メディアリル
リメディアル(答)
33%

引用元:Remedial education,Developmental Education | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/50202/

023DqObvwEFsF
河合塾が提供する、センター試験
の自己採点結果から合格可能性を
診断するサービスは「◯◯◯◯
システム」? ◯を答えなさい
バンザイ(答)
引用元:バンザイシステム【サービス終了】 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/1384/

東進衛星予備校[編集]
東進衛星予備校(とうしんえいせいよびこう)は、株式会社ナガセによって経営される東進ハイスクールの部門の一部(予備校)[3]。1985年に開校した東進ハイスクールが、1991年に衛星授業サテライブを開始し、自校舎への映像配信システムを他の学習塾が利用できるシステムに発展させたものが東進衛星予備校で、現在全国に約1000校ある。映像配信システムとフランチャイズ方式を用いた大学受験予備校。講師の講義を通信衛星やインターネット回線を利用して全国の加盟校に送信するシステムを用いる。

当初は東進ハイスクールでは生授業が行われていたので東進衛星予備校は衛星授業を行う部門として位置づけられていたが、現在は東進ハイスクールでも特別公開授業などを除いて生授業を廃止したため、直営校が東進ハイスクール、フランチャイズ校が東進衛星予備校という違いがあるだけで、学習システムや教育方法の差はない。 尚、東進育英舎が運営する東進衛星予備校水戸校、日立校、ひたちなか校は東進衛星予備校だがナガセの直営校である。
引用元:東進ハイスクール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E9%80%B2%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB

大学受験予備校[編集]
代々木ゼミナール、駿台予備学校と並ぶ「三大予備校」のひとつに数えられる。学校施設の向上やテキストおよび模試の編集、文系の指導などに力を入れていたこともあり、「机の河合」、「テキストの河合」、「模試の河合」、「文系の河合」という異名を持つ。

河合サテライト講座という名称で、大手予備校の中でいち早く衛星放送事業を開始した(代々木ゼミナールに先行し、「サテライト」の商標を得る)。講義はスタジオで収録し、その長所を生かしてCGや実験映像などをふんだんに用いて、視覚的に解説することを可能にした点が特徴。全国の河合塾校舎のみならず提携塾や個人塾、高等学校に配信されている。
引用元:河合塾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%90%88%E5%A1%BE

サテライン(SATELINE)とは、代々木ゼミナールが行う、衛星通信方式の講義システム名。なお、建前上は子会社の株式会社日本入試センターの主催である。SatelliteとLineの合成語。学校法人高宮学園の登録商標(第3079893号ほか)である。日本における衛星通信授業の原点ともいえる。

本部校で行われている講義の映像・音声を、本部校の「サテライン地球局」が通信衛星を利用して全国の校舎に生中継する。同時に8つの講義を送信できる「Digital 8ch方式」を採用している。

「代ゼミサテライン予備校」のフランチャイズ展開を行っている。
引用元:サテライン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

概要 Edit
正式名称は「駿台サテネット21」。駿台の提供する個別映像授業のこと。
元々は、1993年開講の衛星放送講座。
後述の通り、教室のモニターでLIVE放送や録画放送を集団受講していたが、次第に、本来は欠席フォローだった個別視聴が中心となった。
通年講座(オンデマンド・サテネット講座)では授業時間は1回あたり50分×2コマ(休憩時間10分)で、授業回数は年間22回(前期10回・後期12回)。
季節講習では授業時間は1回あたり50分×3コマ(休憩時間10分)で授業回数は基本的に4日(講座によって異なる)。
引用元:オンデマンド – お茶飲みwiki https://pchira.wicurio.com/index.php?%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89