ペニン山脈【英】アペニン山脈【伊】

ヨーロッパの国で
ペニン山脈があるのは?
スペイン

イタリア
イギリス(答)
フランス
39%

文字パネル
標高2914mのコルノ山が最高峰であるアルプス山脈の支脈で、イタリア半島の背骨を為しているのは◯◯◯◯山脈?
アペニン山脈(答)

020fvCFucHIFC
最高峰はクロスフェル山
高知は放牧、山麓は農耕が盛ん
長さは約250km
グレートブリテン島を南北に走る
ペニン山脈(答)
ピレネー山脈
ウラル山脈
バルカン山脈
アペニン山脈
引用元:ペニン山脈「イギリスの背骨」最高峰はクロスフェル山 アペニン山脈「イタリア半島の山脈」最高峰はコルノ山 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/2628/

ペナイン山脈(ペナインさんみゃく、英語: Pennines)、またはペニン山脈、ペンニン山脈は、北イングランドから南スコットランドに掛けて延びる低い山脈である。グレートブリテン島中央部に位置する。北西イングランドとヨークシャー・北東イングランドを隔てている。

しばしば、「イングランドの背骨」と呼ばれ[1][2][3]、ダービーシャーのピーク・ディストリクト (Peak District)から、ヨークシャー・デールズ (Yorkshire Dales)、グレーター・マンチェスターの東側と北側の端、ランカシャーのウェスト・ペナイン・ムーア (West Pennine Moors)、カンブリアのフェルズ (Fells) を通ってイングランド-スコットランド国境のチェビオット丘陵 (Cheviot Hills) まで続く。エア・ギャップ (Aire Gap) の北側で途切れたペナイン山脈は、西側ではランカシャーへ続くフォレスト・オブ・ボーランド (Forest of Bowland)という低い山地に、また同じく南側ではロッセンデール・フェルズ (Rossendale Fells) という低い山地になっている。
引用元:ペナイン山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%B1%B1%E8%84%88

ペニン山脈
ぺにんさんみゃく
Pennines
イギリス、グレート・ブリテン島中央部に南北に連なる丘陵性の山脈。正しくは「ペナイン(ズ)」と発音する。全長約220キロメートル。東の北海と西のアイリッシュ海との分水界をなす。稜線(りょうせん)部は高原状で、南から北へ徐々に高度をあげ、最高点は北端近くのクロス・フェル山Cross Fell(893メートル)。数か所で東西方向の鞍部(あんぶ)によって断ち切られている。大部分は石炭紀の地層よりなり、中央部には下部の石灰岩層が、東西両側には上位の砂岩および夾炭(きょうたん)層が分布し、局地的により古い地層が露出している。ペニン山脈を取り囲む夾炭層は良質で開発が進み、とくに東麓(とうろく)のウェスト・ヨークシャー県からノッティンガムシャー県にかけての炭田は重要である。山麓は産業革命発祥の地で、東麓にはリーズ、シェフィールド、西麓にはマンチェスターなどの大工業都市が炭田上に立地した。高原状の山脈の稜線部は高位湿地を伴い、おもに牧羊が行われている。山脈の大部分は国立公園で、南北400キロメートルの自然歩道(ペナイン・ウェー)が山脈を縦断している。[小池一之]
引用元:ペニン山脈(ペニンさんみゃく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%83%B3%E5%B1%B1%E8%84%88-129908

アペニン山脈(アペニンさんみゃく、イタリア語:Appennini)は、新期造山帯に属し、イタリアに存在する山脈。イタリア半島を縦貫する山脈であり、長さは約1,200km。北・中央・南に区分される。最高峰は中央アペニン山脈にあるコルノ・グランデの標高2,912m。
引用元:アペニン山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9A%E3%83%8B%E3%83%B3%E5%B1%B1%E8%84%88