【指示不在残虐度し難い】

次のアメリカ合衆国憲法の
修正条項の内容を
条数が小さい順に選びなさい
信教の自由
人民の武装権
不合理な捜索の禁止
財産権の保障
残虐で異常な刑罰の禁止
奴隷制廃止
所得税源泉徴収
34%


次のアメリカ合衆国の
修正条項とその内容の
正しい組み合わせを選びなさい
修正第26条───18歳以上の参政権付与
修正第15条───黒人参政権
修正第19条───女性参政権
修正第13条───奴隷制廃止
修正第18条───禁酒法制定


1857年にアメリカ最高裁判所が
下した、奴隷制が合法であると
した判決を訴えた奴隷の名前から
◯◯◯◯・スコット判決という?
ルフバスケ
レッイドマ
ドレッド(答)
「ドレッド・スコット判決」
31%

CIMG6142
「よいインディアンとは、
死んだインディアンの事だ」と
いう言葉を残した、南北戦争で
活躍したアメリカの軍人は?
キョリソン
フェイッド
シャムダム
シェリダン(答)
引用元:「ドレッド」・スコット判決 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/34040/

074ySZWAHR
日本国憲法の条文で
「職業選択の自由」について
規定しているのは第◯◯条?
11
22
43
22(答)

IMG_1110dhgqttgXRGLP
1991年に「職業選択の自由、
あははん」と歌うCMが話題
となった、学生援護会が刊行
していた求人情報誌は?
「DUDA」
「ビーイング」
「サリダ」(答)
「とらばーゆ」
引用元:「職業選択の自由」憲法第22条 「職業選択の自由、あははん」求人情報誌「サリダ」シーナ&ザ・ロケッツ | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/23230/

CIMG9154kZbHPqAqRuMq
次の罪名を
刑法に規定されている
順に選びなさい
外患誘致罪 (81条)
公文書偽造 (155条)
重婚 (184条)
殺人 (199条)
傷害 (204条)
窃盗 (235条)
恐喝 (249条)
業務上横領 (253条)
引用元:「朝憲紊乱」ちょうけんびんらん 政府転覆などの暴動 『白虹貫日事件』 「刑法」規定順「外患誘致」「窃盗」「業務上横領」「国家法益罪から個人法益罪順(生命・身体・財産順)」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/9376/

アメリカ合衆国憲法(アメリカがっしゅうこくけんぽう、英語: United States Constitution)は、アメリカ合衆国の憲法典である。1787年9月17日に作成され、1788年に発効し、現在も機能している世界最古の成文憲法[1]で、アメリカ法の基礎をなすものであり、原法典は「1787年アメリカ合衆国憲法」とも呼ばれる。

ちなみに、アメリカ合衆国は、連邦制を構成する各州もそれぞれが独自の憲法を有している。

構成[編集]
アメリカ合衆国憲法は、前文、本文、修正条項の大きく3つの部分からなる。

本文は7条からなる。ここでいう「条 (Article)」は、日本の法律でいうところの「章」に相当し、多くの条は、いくつかの「節 (Section)」に分かれている。
憲法修正条項は27条ある。アメリカ合衆国憲法の改正は、元の規定を憲法改正し条文を直接変更・改廃するのではなく、従来の規定文章を残したまま、修正内容を修正条項として、それまでの憲法典の末尾に付け足していく方法を採る。修正条項は、順次「第1修正 (Amendment I)」「第2修正 (Amendment II)」と番号が付されていく。

権利章典(英語)
詳細は「権利章典 (アメリカ)」を参照

権利章典は、アメリカ合衆国憲法の最初の修正10か条である。これは、1788年に発効した合衆国憲法に対し、各州の憲法批准会議やトーマス・ジェファーソン(フランス駐在特命全権大使であったために憲法制定会議の代議員ではなかった)のような著名な政治家から、中央政府が専制的なものになりかねないとの批判を受けて提案されたもので、連邦政府の権限を制限する内容であった。これらの修正条項は1789年に連邦議会から提案され、その時点では12の修正条項から成っていた。1791年までに規定以上の州が10か条を批准し、この10か条が憲法に追加され、権利章典と呼ばれることになった。

制定された当初は、権利章典は各州には適用されないと解釈されていた。「連邦議会は……」と規定していた修正第1条のように、連邦にのみ規定されることが明らかな規定も一部あった(したがって、建国当初のいくつかの州では州の宗教を定めていたが、これは修正第1条には抵触しなかった)。その他の多くの条項については、州に適用されるか否か明文では規定していなかったものの、憲法修正第14条が批准される1868年までは、各州には適用されないという解釈が一般的であった。修正第14条は次のように規定し、適正手続や平等保護については州に対する制約が及ぶこととなった。

修正第1条:信教・言論・出版・集会の自由、請願権
修正第2条:人民の武装権
修正第3条:軍隊の舎営に対する制限
修正第4条:不合理な捜索、逮捕、押収の禁止
修正第5条:大陪審の保障、二重の処罰の禁止、適正手続、財産権の保障
修正第6条:陪審、迅速な公開の裁判その他刑事上の人権保障
修正第7条:民事事件における陪審審理の保障
修正第8条:残虐で異常な刑罰の禁止等
修正第9条:人民の権利に関する一般条項
修正第10条:州または人民に留保された権限
引用元:アメリカ合衆国憲法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95