【0.1g増、バイカラークラッド、斜ギザ】

2021年に登場する新500円玉は
現在よりも重さは重くなる
◯(答)
36%

CIMG3024
CIMG3025
現在発行されている100円硬貨の
側面にあるギザギザの数は全部で
103個ですが

現在発行されている50円硬貨の
側面にあるギザギザの数は
全部で◯◯◯個?
◯を答えなさい
120(答)

連想
銅+亜鉛+ニッケル
重さ7g
直径26.5mm
2000年に新硬貨登場
500円玉(答)
引用元:50円玉「銅とニッケル」「4.0g」「直径21mm」「ギザ120」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/27076/

紙幣の全面刷新が9日、財務省から発表された。新時代「令和」に向けて、500円硬貨も素材などを変更し、2021年度上期から発行されることが発表された。

 新500円硬貨は、素材に現行のニッケル黄銅に加えて白銅と銅を用いる。硬貨の周りを別の素材で囲む「2色3層構造」とし、現行の硬貨と比べ色合いが加わる。硬貨の縁に刻む斜めギザの一部は間隔を大きくし偽造防止の効果を高める。

 硬貨の内側には「JAPAN」や「500YEN」といった微細文字の加工も入れる。直径は26.5ミリで現行と変わらないが、重さは0.1グラム増え7.1グラムになる。
引用元:令和500円玉はギザ凄い!21年度に発行 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ) https://www.sanspo.com/geino/news/20190410/sot19041005010005-n1.html

2021年(令和3年)に、デザインと材質を変更した3代目が登場予定である。

素材:ニッケル黄銅、白銅及び銅(バイカラー・クラッド)
品位:全体からの割合として、銅75%、亜鉛12.5%、ニッケル12.5%
量目:7.1g(2代目の7.0gと比較して0.1g重い)
直径:26.5mm(初代・2代目と同じ)
新たな偽造防止技術としては、現段階で公表されているだけで、以下のものが採用される予定である[9]。

2色3層構造のバイカラー・クラッド
外周にはニッケル黄銅を採用し、内側は白銅で中心の銅を挟んだものとなる。銅の部分は外から見えないが、機械で扱うときに電気伝導率の変化を利用する際にこの層が有効となる。
縁の異形斜めギザ
斜めギザの一部を他のギザとは異なる形状(目の間隔・勾配など)にしたもの。流通用硬貨への採用は世界初となる。
微細文字
表面の縁の内側に「JAPAN」「500YEN」の微細文字加工が施されている。
引用元:五百円硬貨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%99%BE%E5%86%86%E7%A1%AC%E8%B2%A8

バイカラー・クラッド

貨幣の製造に用いられる偽造防止技術の一つ。異種の金属板を挟み込んで作った「クラッド」材と呼ばれる3層構造の円板を、別の金属で作ったリングの中にはめ合わせて「バイカラー(2色)」の硬貨に仕立てるもの。日本では、2008年から10年間にわたり発行された「地方自治法施行60周年記念貨幣」の五百円硬貨で初めて用いられた。2021年発行予定の五百円硬貨にも同技術の導入が決定している
(2019-4-16)
引用元:バイカラー・クラッド(ばいからー・くらっど)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89-2099888