【菅内閣~安倍内閣】

次の人物を
厚生労働大臣を務めた順に
選びなさい
長妻昭
田村憲久
塩崎恭久
22%

厚生労働大臣(こうせいろうどうだいじん、英語: Minister of Health, Labour and Welfare)は、日本の厚生労働省の長たる国務大臣。

日本の厚生労働省の主任の大臣である[1][2]。主として社会保障行政と労働行政を所管する国務大臣である。具体的には、国民生活の保障と向上、社会福祉・社会保障・公衆衛生の向上と増進、労働条件・労働環境の整備などを所管する[3]。また、厚生労働省の前身の一つである厚生省が第一復員省、第二復員省の流れを汲むことから、引揚者・戦傷病者・戦没者遺族・未帰還者留守家族等の援護、旧陸軍・旧海軍の残務整理も所管する[4]。
引用元:厚生労働大臣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E5%A4%A7%E8%87%A3

長妻 昭(ながつま あきら、1960年〈昭和35年〉6月14日 – )は、日本の政治家。衆議院議員(7期)、立憲民主党代表代行・選挙対策委員長・東京都総支部連合会代表。

厚生労働大臣(第11代・第12代)、立憲民主党政務調査会長、民進党代表代行、民主党幹事長代行、民主党代表代行などを歴任した。
引用元:長妻昭 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%A6%BB%E6%98%AD

田村 憲久(たむら のりひさ、1964年(昭和39年)12月15日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、裁判官訴追委員会委員長。

厚生労働大臣(第2次安倍内閣)、総務副大臣(第1次安倍内閣)、文部科学大臣政務官(第1次小泉第2次改造内閣・第2次小泉内閣)、厚生労働大臣政務官(第1次小泉内閣)、衆議院厚生労働委員長、自民党副幹事長等を務めた。

父は日本土建名誉会長の田村憲司。伯父は労働大臣や運輸大臣、通商産業大臣、衆議院議長を務めた元衆議院議員の田村元[2]。祖父は弁護士で元衆議院議員の田村秢[3]。TBSテレビアナウンサーの田村真子は娘[4]。
引用元:田村憲久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E6%9D%91%E6%86%B2%E4%B9%85

塩崎 恭久(しおざき やすひさ、1950年(昭和25年)11月7日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、自由民主党行政改革推進本部長。

参議院議員(1期)、衆議院法務委員長、外務副大臣(第3次小泉改造内閣)、内閣官房長官(第73代)、拉致問題担当大臣(初代)、厚生労働大臣(17・18代)、自由民主党党・政治制度改革実行本部長等を歴任。
引用元:塩崎恭久 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E5%B4%8E%E6%81%AD%E4%B9%85