大谷昭宏『こちら大阪社会部』元読売新聞のジャーナリスト 勝谷誠彦 元『文藝春秋』のジャーナリスト

064NbMmbtpKFm
『こちら大阪社会部』など
漫画の原作も多い、読売新聞
大阪本社社会部出身の、TVで
活躍中のジャーナリストは誰?
谷宏島誠彦
昭大勝幸孝
→大谷昭宏

連想
著書『事件記者』『権力犯罪』
漫画『こちら大阪社会部』原作者
『スーパーモーニング』
読売新聞社の元社員
→大谷昭宏

エフェクト
テレビなどのメディアで幅広く活躍するコラムニストです
勝谷誠彦
かつやまさひこ

大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 – )は、日本のジャーナリスト[1]、評論家、漫画原作者。元読売新聞社社会部記者。
>大学卒業後の1968年(昭和43年)、読売新聞社入社、徳島支局勤務[1]。1970年(昭和45年)に大阪本社社会部(警察担当)配属時[1]、上司の黒田清などとともに「黒田軍団」の一員として、数多くのスクープ記事を取材。1980年(昭和55年)より、朝刊社会面コラム欄『窓』を7年間にわたって担当[1]。
>東京出身であるが、大阪を拠点に活動していることもあり、大阪本社勤務時代に聞き覚えた大阪弁を話すことがある。大阪弁の素養は『事件記者』や『大阪社会部』などの著書でも生かされている。
引用元: 大谷昭宏 – Wikipedia.

『こちら大阪社会部』(こちらおおさかしゃかいぶ)は、大谷昭宏原作・大島やすいち作画の漫画。1991年から1996年にかけて『ミスターマガジン』(講談社)に連載されていた。
>大手新聞社・日政新聞の若手記者である主人公・谷一平(モデルは原作者である大谷自身の読売新聞時代)が、大阪本社社会部の記者として様々な事件に遭遇しながら新聞記者として鍛えられ成長していく様を描いた作品。
引用元: こちら大阪社会部 – Wikipedia.

勝谷 誠彦(かつや まさひこ、1960年〈昭和35年〉12月6日 – )は、日本のジャーナリスト、コラムニスト、タレント写真家、コメンテーター、記者。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属(マネジメント契約)。日本写真家協会会員。株式会社世論社取締役。
>兵庫県尼崎市出身。灘中学校・高等学校を経て、早稲田大学第一文学部卒。
文藝春秋で記者を務めた後、フリーランスとなり、現在はコラムニストやタレントとして活動する。現場主義、歯に衣着せぬ論客として知られ、テレビ番組やラジオ番組への出演も多い。長野県軽井沢町在住。
友人である漫画家の西原理恵子からは「ホモのかっちゃん」「ホモかつや」と呼ばれており、西原氏の漫画に「かっちゃん」が登場するもの(『鳥頭紀行』)はほぼホモネタ、下ネタ絡みで描かれている。
引用元: 勝谷誠彦 – Wikipedia.