【proprietary】

特定の企業が、規格、構造、技術
の権利を保持し、情報を公開して
いないことを、「独占的な」と
いう意味の言葉で何という?
タエライプリプロ
プロプライエタリ(答)
24%

プロプライエタリ・ソフトウェア(英: proprietary software)または私有ソフトウェア(しゆう-)とは、ソフトウェアの入手、使用、改変、複製などに関する権利を議論する文脈で用いられるソフトウェアの種類についての用語。プロプライエタリ・ソフトウェアとは、ソフトウェアの配布者が、利用者の持つ権利を制限的にすることで自身や利用者の利益およびセキュリティ[1]を保持しようとするソフトウェアを指す。制限には法的手法や技術的手法など様々な方法がある。技術的制限手法としては、バイナリ実行コードのみを使用者に提供し、ソースコードは公開しないというソフトウェア流通の方法がある。法的制限手法としては、著作権や特許権、不正競争防止法、国家機密及びそれに基づくソフトウェアライセンス許諾といった方法がある。

著名なプロプライエタリ・ソフトウェア[編集]
著名なプロプライエタリ・ソフトウェアの例として、Windows、RealPlayer、iTunes、Adobe Photoshop、Mac OS、WinZipなどがあり、UNIXの一部のバージョンもプロプライエタリ・ソフトウェアである。
引用元:プロプライエタリ・ソフトウェア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2

開発者・開発企業などが製品やシステムの仕様や規格、構造、技術を独占的に保持し、情報を公開していないこと。その情報独占者でなければ、開発・修正・改編・管理ができない状態となる。

 プロプライエタリ(proprietary)は「専用の」「独自の」「独占的な」「所有権・占有権のある」「非公開の」の意味で、コンピュータ関連用語としてはオープン(open)の対義語となる。

 標準化の進んだパソコン(クライアント/サーバ・システム、Webシステム)によるシステムを「オープン・システム」と呼ぶとき、メインフレーム・システムのように特定メーカーなどによる特定の独自仕様によって構成されたコンピュータ・システムを「プロプライエタリ・システム」という。

 また、Linuxに代表されるソースコードが公開されたソフトウェアを「オープンソース・ソフトウェア」「フリー・ソフトウェア」というのに対して、WindowsやMac OSのようにソフトウェアメーカーがソースコード(知的所有権)を独占あるいは占有しているソフトは「プロプライエタリ・ソフト」と呼ばれる。
引用元:プロプライエタリ(ぷろぷらいえたり) – ITmedia エンタープライズ https://www.itmedia.co.jp/im/articles/0310/27/news002.html

proprietary

所有者[権・物]の
私有の、私立の
所有者にふさわしい、所有者らしい
〔製造・販売物が〕商標[特許]で守られた、独占所有権のある

所有者、持ち主◆【用法】単数または複数扱い。
= proprietary medicine
所有権、独占所有物
〔アメリカの植民地の〕領主◆【同】proprietor
レベル11、発音prəpráiətèri、カナプロプライアタリー、プロプライエタリー、変化《複》proprietaries、分節pro・pri・e・tar・y
引用元:proprietaryの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク https://eow.alc.co.jp/search?q=proprietary