【祖父】桃中軒雲右衛門

『テレパシー入門』『死後の世界
を見た』などの著書がある作家で
超常現象や心霊現象の追求を
ライフワークとしたのは?
福五哉岡吉
橋中高郎俊
中岡俊哉(答)
22%


次のうち、早川書房の雑誌
「SFマガジン」の編集長を
務めたことがある人物を
1つ選びなさい
中岡俊哉
北上次郎
南山宏(答)
小松左京
福島正実(答)
眉村卓
22%
引用元:福島正実、南山宏「SFマガジン編集長」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/34598/

中岡 俊哉(なかおか としや、1926年11月15日 – 2001年9月24日)は、日本のドキュメンタリー作家・潜在能力研究家・超常現象研究家・アジア意識力学研究協会会長・イムレゲン アジア販売元代表、本名は岡本俊雄(おかもと としお)。

略歴[編集]
東京・大塚に生まれる。祖父は浪曲師の桃中軒雲右衛門。

1942年に 馬賊になることを志して満洲に渡る。1945年の敗戦後も中国大陸に留まり、八路軍に参加したのち、北京放送局(現在の中国国際放送)のアナウンサー局長を務め、日本向けの国際短波放送を担当する。

1957年に帰国。

帰国後はドキュメンタリー作家として、心霊現象を中心に、超能力、UFO、怪獣など超常現象全般を探求しつつ、世界各国を回った。生涯の著書は四百冊以上と自称している[1]。なお「中岡俊哉」というペンネームは1962年、講談社の漫画誌『少女フレンド』編集部に原稿を持ち込んで連載が即決したのを機に、「中国」から「中」、本名から「岡」「俊」、愛読書の作者・志賀直哉から「哉」の字を採ってつけたものである[2]。

1970年代には、当時のオカルト・ブームの中心的存在の一人として、テレビの超常現象関係の番組にも頻繁に出演し、コメンテイターとして心霊写真の解説なども行っていた。フィクションとノンフィクションを混在させたような怪著(世界各地の怪獣伝説紹介に、宇宙怪獣と土星人の軍隊が戦う話が突然混ざったりする『世界の怪獣』など)も少なくないが、そうした荒唐無稽さもふくめ、特に一時期の児童書の世界では大きな人気を得ていた。

心霊関係以外では、本名の岡本俊雄名義で『内から見た中国――8億の民はどう生きているか』(祥伝社ノン・ブック、1971)、『中国人とつきあう法』(1972)などを著し、自らの中国体験もふまえて中国の躍進ぶりを日本に紹介した。

2001年に胃がんのため死去。

実子は、落語のフリーライターの岡本和明。2017年に辻堂真理と共著で『コックリさんの父 中岡俊哉のオカルト人生』(新潮社)を上梓[3]。
引用元:中岡俊哉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B2%A1%E4%BF%8A%E5%93%89

テレパシー入門 : あなたが忘れているこの不思議な力
中岡 俊哉/著

タイトル テレパシー入門 : あなたが忘れているこの不思議な力
著者 中岡 俊哉/著
シリーズ名 ノン・ブック
出版地 東京
出版社 祥伝社
出版年月日等 1972.4
大きさ、容量等 252p
大きさ、容量等 18cm
価格 ¥350
引用元:テレパシー入門 : あなたが忘れているこの不思議な力 (祥伝社): 1972-04|書誌詳細|国立国会図書館サーチ https://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I078784493-00

桃中軒 雲右衛門(とうちゅうけん くもえもん、1873年(明治6年)5月5日 – 1916年(大正5年)11月7日)は、明治時代から大正時代にかけての代表的浪曲師。亭号は沼津駅の駅弁屋である桃中軒に、名は修行時代に兄弟分であった力士の「天津風雲右衛門」に由来するとされる[1]。浪曲界の大看板で「浪聖」と謳われた。
引用元:桃中軒雲右衛門 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%83%E4%B8%AD%E8%BB%92%E9%9B%B2%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80