朝河貫一

アイビーリーグのひとつ
コネチカット州ニューヘイブン市
アメリカで3番目に古い大学
数多くの政治家を輩出
イェール大学(答)
コーネル大学
コロンビア大学
ハーバード大学
46%

057ajMorvV
アイビーリーグのひとつ
アメリカで最初の「University」
フランクリンが創設
フィラデルフィア
コロンビア大学
ペンシルバニア大学(答)
プリンストン大学
コーネル大学

1056af5eYTHjKfWGy
「アイビーリーグ」を構成する
アメリカの大学で、設立が
最も早いのは◯◯◯◯◯大学?
◯を答えなさい
ハーバード(答)

ですが
最も新しいのは◯◯◯◯大学?
◯を答えなさい
コーネル(答)


アイビーリーグのひとつ
マサチューセッツ州にある
ケンブリッジ市にある
アメリカ最古の大学
ハーバード大学(答)

連想
アイビーリーグの1つ
ニューヨーク州にある大学
パール・バックの出身校
アイビーリーグで最も新しい
コーネル大学(答)

連想
アイビーリーグの1つ
ニューヨーク州にある大学
ピューリッツァー賞選考委員会
宇多田ヒカルが中退
コロンビア大学(答)

連想
アイビーリーグの1つ
ニュージャージー州にある大学
アンドリュー・ワイルズ教授
ブルック・シールズの出身校
プリンストン大学(答)

エール大学
エールだいがく
Yale University

アメリカのコネティカット州ニューヘーブンにある共学制の私立大学。アイビーリーグの1つ。 1701年組合教会派によって創立。ハーバード,ウィリアム・アンド・メアリーに次ぎアメリカで3番目に古い大学。初めキリングワース (現クリントン) に建てられ,セイブルック (現オールドセイブルック) を経て,16年に現在地に移転。 18年貢献者 E.エールを記念してエール・カレッジと名づけられた。アメリカで初めて大学院を創設し,1861年に最初の博士号を授与。 87年現在名に改称。 19世紀以降急激に拡張し,現在,教養,建築,芸術,神学,演劇,林学・環境,法学,組織・経営,医学,音楽,保育などの学部から成る。アメリカで最大規模の1つである大学図書館は多数の重要写本,文献を収蔵しており,ピーボディ自然史博物館と美術館もこれに劣らず有名である。教員数約 2700名,学生数約1万 1000名 (1997) 。
引用元:エール大学(エールだいがく)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%A4%A7%E5%AD%A6-37741

イェール(エール)大学は、ハーバード、プリストン共に、アメリカの大学の“BIG3”に数えられる世界屈指の大学。アイビー・リーグ(Ivy League)にも名を連ねる、創立300年を超える伝統校である。この大学に所縁の深い日本人に、歴史学者の朝河貫一(1873〜1948年)がいる。教授としてその教壇に立った人物であるが、学者としての業績と同時に第二次世界大戦の際は戦争回避に向けて奔走するなど日米友好に尽力したことで知られている。キャンパス内には同氏の名を冠した庭園が設けられている。
引用元:予備校の東進|イェール大学とは? http://www.toshin.com/USuniv/yale/whats.php

朝河 貫一(あさかわ かんいち、1873年(明治6年)12月20日 – 1948年(昭和23年)8月10日)は、日本の歴史学者。日本人初のイェール大学教授。

業績[編集]
第一に「歴史学者」としての業績がある。古代から近代に至る日本法制史、日本とヨーロッパの封建制度比較研究の第一人者として欧米で評価され、後にイェール大学教授となった。特に「入来文書」(鹿児島県薩摩川内市(旧入来町)の入来院家に伝わり鎌倉時代から江戸時代にわたる古文書群[12])の研究が有名で、これをまとめた英語の著書が“The Documents of Iriki” (『入来文書』1929年、昭和4年)である。マルク・ブロックらアナール学派の歴史学者とも交流があった。

第二に「平和の提唱者」としての業績がある。『日露衝突』を著し、全米各地で日露戦争における日本の姿勢を擁護し演説した朝河は、日露戦争後の日本の姿から将来の「禍機」を予測し、日本に警鐘を発するため、1909年(明治42年)『日本の禍機』を著した。『日本の禍機』で発した警鐘は、後に現実のものとなる。1941年(昭和16年)11月、日米開戦の回避のためにラングドン・ウォーナーの協力を得て、フランクリン・ルーズベルト大統領から昭和天皇宛の親書を送るよう、働きかけを行った。朝河は第二次世界大戦中、戦後もアメリカに滞在したが、終生、日本国籍のままであった。

第三に「キュレーター」としての業績がある。1906年の第1回帰国では、米国議会図書館、イェール大学の依頼で日本東アジア関連図書・資料の収集を行った。イェール大学図書館には、『手鏡帖』(8世紀〜17世紀の主要な個人の仏書・手紙・歌書等の筆跡を集めた帖)、『青蓮院尊円法親王御筆』(青蓮院流の初祖、尊円法親王の御筆)、『竹取物語』(奈良絵本)、『厳氏孝門清行録』(朝鮮本)、『烈女傳』(漢籍)、『伊勢物語』(所蔵されているものは室町中期〜江戸前期に製作された奈良絵本)等が所蔵されている[13]。これらの図書・資料は、欧米での日本研究や東アジア研究に必要不可欠なものとなっている。なお、2010年8月には、朝河の呼び掛けに応じ、日本在住の同大卒業生や当時の東京帝国大・黒板勝美が贈った2曲1双の屏風の中に、東大寺を復興した僧・重源(1121-1206)が1192(建久3)年に花押を記した文書を確認したことを、東京大史料編纂所が発表した[14]。
引用元:朝河貫一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%B2%B3%E8%B2%AB%E4%B8%80