【夏のそよ風】あいの風

北陸新幹線の開業に伴って
JRから経営分離された富山県内
の路線を運営する鉄道会社は
「◯◯◯◯◯◯◯鉄道」?
風いあやまのと
あいの風とやま(答)
40%


009RylqOTyyOj

次の風が吹く地域を
東から順に選びなさい
清川だし 「山形県立川町清川」
赤城おろし 「群馬県赤城山麓」
伊吹おろし 「滋賀県伊吹山」
六甲おろし 「兵庫県神戸市」
広戸風 「岡山県那岐山(なぎさん)麓」
やまじ風 「愛媛県法皇山麓」
44%
引用元:日本の局地風「清川だし」山形県「赤城おろし」群馬県「伊吹おろし」滋賀県「六甲おろし」兵庫県「広戸風」岡山県「やまじ風」愛媛県 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/11106/

社名の由来
「あいの風」とは、春から夏にかけて吹く北東のさわやかな風で、古く万葉集の時代から豊作、豊漁等「幸せを運ぶ風」として県民に親しまれています。
この「あいの風」のように県内を東西に横断し、県民に豊かさ、幸せを運び届けることができる鉄道、また、利用者との「出会い」を大切にし、県民に「愛」される鉄道を目指したいという姿勢を表すものです。
引用元:あいの風とやま鉄道について | 会社情報 | あいの風とやま鉄道株式会社 http://ainokaze.co.jp/company/about

あいの風とやま鉄道株式会社(あいのかぜとやまてつどう)は、富山県富山市に本社を置く、第三セクター方式の鉄道事業者(第三セクター鉄道)である。

社名は、一般公募によるもので、2012年12月10日から2013年(平成25年)2月15日まで公募を行った結果、応募総数5,380件の名称案が寄せられた。選考の結果、高岡市在住の女性が応募した「あいの風とやま鉄道株式会社」を採用し、同年5月29日の取締役会で決定[4][5][6]、6月下旬の定時株主総会で定款変更を決議の上、同年7月1日付で商号を改称した[7][8][9]。

社名に冠された「あいの風」とは、日本海沿岸で春から夏にかけて沖から吹く北東の風の富山県内での呼び名で「あゆのかぜ」「あえのかぜ」とも呼ばれており[10]、古くから豊作や豊漁を運ぶ風として県民に親しまれている。この「あいの風」を県域東西を横断する路線に見立て、県民に豊かさや幸せを運び届け、かつ県民に「愛」される鉄道を目指すという経営理念を表している[11]。
引用元:あいの風とやま鉄道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%AE%E9%A2%A8%E3%81%A8%E3%82%84%E3%81%BE%E9%89%84%E9%81%93