【東京府】婦人専用電車

1912年、日本最初といわれる
「女性専用車両」を導入した
鉄道路線は?
東海道本線

中央本線(答)
総武本線
山手線
44%


次のうち
国鉄の「通勤五方面作戦」で
混雑解消が図られた路線を
全て選びなさい
東海道本線(答)
横須賀線
京葉線
中央本線(答)
東北本線(答)
常磐線(答)
総武本線(答)
37%
引用元:東海道本線、中央本線、東北本線、常磐線、総武本線 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/39243/

日本の女性専用車両(にほんのじょせいせんようしゃりょう)では、世界各国の女性専用車両およびそのシステム・サービスのうち、日本の公共交通機関のものについて詳述する。なお、日本では東日本地区と西日本地区で名称が異なっており、東日本地区では「女性専用車」という名称が、西日本地区では「女性専用車両」という名称が使われている傾向にあるが、両者に大きな違いはなく本質的には同じものである。以下では「女性専用車」および「女性専用車両」が混在している箇所がある。

1900年代
国鉄時代の中央線で使用された婦人子供専用車の表示板
日本における女性専用車両は、1912年1月31日に当時の東京府の中央線で朝夕の通勤・通学ラッシュ時間帯に登場した「婦人専用電車」が最初とされている。この「婦人専用電車」は、男性と女性が一緒の車両に乗るのは好ましくないという当時の国民性を反映して導入されたものの、短期間で廃止された[4]。関西地方では1920年10月、大戦景気の余韻を買って神戸市電が買い物客を誘致するために「御婦人専用電車」を運行した事があるが、この年で姿を消した[5]。また、阪神急行電鉄(阪急)では1933年(昭和8年)の神戸女学院の神戸から西宮への移転と同時に、女学生の風紀を守るためとして、今津線門戸厄神駅まで神戸から直通する神戸女学院貸切車(1両編成)が通学時間帯に一日に2本運行されたが、1937年(昭和12年)頃廃止された[6][7][8]。
引用元:日本の女性専用車両 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A%E4%B8%A1