【2018終了】

2014年9月にスマートフォンの
アプリ「LINE」を使って株式を
売買できる日本初のサービスを
開始した証券会社は?
マネックス証券

松井証券
SBI証券(答)
カブドットコム証券
37%

SBI証券は8月12日、LINEから株式を発注できるサービスを9月以降に始めると発表した。LINEで証券会社がサービスを提供するのは業界初という。

 LINEと各社のシステムを連携できるAPI「LINEビジネスコネクト」を活用し、株式の発注機能や約定通知機能、株価通知機能などを随時、提供していく。

 まず8月19日にLINE公式アカウントを開設し、キャンペーン情報などを配信。スタンプの提供なども検討している。

 新サービスの狙いは若年層の顧客獲得。今年1月にスタートした少額投資非課税制度(NISA)を20~30代をターゲットに拡販しているが、「現時点では利用者は投資経験のある40代・50代が中心」という。若年層に人気のLINEを活用し、20~30代にアプローチしていく。
引用元:LINEから株式売買が可能に SBI証券が業界初 – ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/13/news057.html

LINE公式アカウント「SBI証券」及びLINEビジネスコネクトを活用したサービス終了のお知らせ
2018/5/18

スマートフォンアプリ“LINE”を活用したサービスである、LINE公式アカウント「SBI証券」、およびLINEビジネスコネクトによる“株価照会”“株式発注”サービスのご提供を2018/5/31(木)をもちまして、終了させていただくこととなりました。

同日以降、LINE公式アカウント「SBI証券」及びLINEビジネスコネクトによる“株価照会”“株式発注”サービスはご利用いただけなくなります。
お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。これまで本サービスをご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。
引用元:SBI証券|株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=none&dir=info&file=home_info180518.html