ウィリアム・キャメロン

1885年にイギリス人によって紅茶
産地として開拓され、マレー半島
屈指の高原リゾート地で知られる
のは◯◯◯◯◯ハイランド?
キャルャン
チッメソル
ウィチロー
キャメロン(答)
13%

マレー半島中央部、パハン州に位置するキャメロン・ハイランドは、マレーシアを代表する高原リゾートです。1885年にイギリスの国土調査官ウィリアム・キャメロンが初めてこの地を訪れたことから名づけられました。丘陵地には紅茶畑が一面に広がり、見どころやアクティビティも充実しています。
引用元:高原リゾート【マレーシア政府観光局公式サイト】 http://www.tourismmalaysia.or.jp/kougen/ch.html

キャメロンハイランド(マレー語: Tanah Tinggi Cameron)は、マレーシア、イポーの北約20km、クアラルンプールの北約150kmパハン州にある高原リゾート。標高が1,500mを超えるため、年間を通じて気温が20℃前後と涼しい。 タイのシルク王として知られたジム・トンプソンが謎の失踪をとげた場所としても有名で、彼が滞在した「ムーンライト・バンガロー」は今でも丘の上に現存する[1]。

概要[編集]
英国統治時代の国土調査官、ウィリアム・キャメロンによって1885年によって開発され、その名から命名された。英国植民地時代より、丘陵を利用した茶葉生産が盛んである。現在でもマレーシア最大の茶葉生産地域であり、高原野菜などの生産も非常に盛んである。近年では年金生活者を中心として、日本人の長期滞在者も増えており、彼ら向けのコンドミニアムの建設も盛んである。街のレストランや、喫茶店、インターネットカフェなどでは、多くの日本語併記を見かける。
引用元:キャメロンハイランド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89