1012km「フランスの庭」

かつての名前はリゲル川
「フランスの庭園」
ビスケー湾に注ぐ
フランス最長の川
ライン川
セーヌ川
ロワール川(答)
ジロンド川
36%


全長約780km
水源はラングル高地
隅田川と友好河川提携
パリを流れる
セーヌ川


レトリーバー
アメリカにある湾
ボルチモアが面している
ポトマック川が注いでいる
サンフランシスコ湾
チェサピーク湾(答)
アブキール湾
ビスケー湾

連想
タイセイヨウセミクジラの異名
別名は「ガスコーニュ湾」
ロワール川が注いでいる
ボルドーが面している
ビスケー湾(答)

連想
北側にはサンパブロ湾
アルカトラズ島
アメリカにある湾
ゴールデンゲート海峡
サンフランシスコ湾(答)
引用元:「チェサピーク湾」ボルチモアに面しワシントンDCの東 ポトマック川が流入 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/32013/

ロワール川 (Loire) は、フランスの中央部を横断してビスケー湾に注ぐ、全長1020kmのフランス最長の川です。
その流域は「フランスの庭」と呼ばれ、比較的小さな町が点在するのどかな地域で、フランスの有名なワイン産地でもあります。
特に中流域の200kmに及ぶなだらかな谷沿いには90以上の中世の城が点在し、城巡りも観光のひとつとなっていて、世界遺産に登録されています。

ブルターニュ (Bretagne) 地方は、フランスの北西部から大西洋に大きく突き出す半島の地域で、ロワール川河口地域の北側に当たります。
ケルト系の文化を持ち、フランスの中でも異国の雰囲気のある地域です。
「ブルターニュ」の語源も古代にケルト人がイギリス方面から渡ってきたことから「ブリテン (Britain)」から来ています。

引用元:ロワール川沿いの中世の城と、ブルターニュ半島、モン・サン・ミシェルなど(フランスの観光地-3)|海外旅行準備室 http://www.i-wanna-travel.com/r5-france03.html

ロワール川(フランス語:Loire、オック語:Léger/Leir、アルピタン語:Lêre、ブルトン語:Liger)は、フランスの中央部を流れる川である。長さは1,012km、流域面積は117,000km²でフランスの面積の5分の1を占める。中央高地に源を発し、大西洋に注ぐ。

ロワール渓谷の中部は、2000年にユネスコの世界遺産に登録された。

名称の由来[編集]
「ロワール」という名前は、ラテン語のLigerから来ており、ガリア語(ケルト語)での川の名前「liga」の転写である。ガリア語で「liga」は「沈殿物」を意味する。この単語は、ぶどう酒などの澱を意味するフランス語のlieや、英語のleesとなった。「liga」は、インド・ヨーロッパ祖語の「横たわる」を意味する「*legh-」から来ており、この祖語は英語のlay、ledge、lawなど多くの単語の元となった。

フランス語には、川の名前を元にした形容詞ligérienがある。le climat ligérien(ロワール谷の気候)のように使われ、北フランスでもっとも心地よい気候を意味する。冬は暖かく、大陸性の気候と違って極端な気温の変化がない気候のことである。
引用元:ロワール川 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%B7%9D