Kapilavastu

仏教の開祖ゴータマ・
シッダールタが生まれた
ネパールに存在したとされる
国の名前は?
カトゥスラヴピァ
カピラヴァストゥ(答)
27%

観光名所として人気がある
別名を「エメラルド寺院」という
タイのバンコクにあるお寺は?
トワケッラオプ・
ワット・プラケオ(答)

タイピング
観光名所となっているバンコクの寺院で、三島由紀夫の『暁の寺』のモチーフになったのはワット・◯◯◯?
アルン(答)

ですが「エメラルド寺院」という別名があるのはワット・◯◯◯◯?
プラケオ(答)

バンコク最古の歴史を誇り、光り輝く巨大な釈迦仏像で有名なのはワット・◯◯?
ポー(答)

カピラ城(かぴらじょう)とは、紀元前4–6世紀ごろに存在した小国、あるいはその土地。釈迦の出身地として著名である。カピラヴァストゥ、カピラワットゥとも(後述)。

位置については長らく忘れ去られ、20世紀になってから政治がらみの論争が起きており、学術的な裏付けのある最終結論が出ているわけではないが、いずれにせよ現在のインドとネパール国境付近に位置する。

名称[編集]

サンスクリット語:Kapila-vastu カピラヴァストゥ
パーリ語:Kapilavatthu カピラワットゥ
漢訳音写:迦卑羅婆率、迦毘羅婆蘇都、迦毘羅衛など多数
訳:蒼城、蒼住城、黄赤城、黄頭居処、黄髪仙人住所、赤澤国、妙徳城など
なお、カピラはある仙人(リシ)の名で、「ヴァストゥ」「ワットゥ」とは「土地」を意味する言葉である。
引用元:カピラ城 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%94%E3%83%A9%E5%9F%8E