高知県南国市

日本の銃器メーカー、ミロクが
本社を置いている四国の県は?
(四国の画像)
高知県をタッチ(答)
56%

116nFSmpbHRYa
次のうち、アメリカのメーカーが
開発した拳銃を全て選びなさい
(画像選択肢)
1の画像 H&K USP ドイツ
2の画像 ワルサーP38 ドイツ
3の画像 M1911 アメリカ (答)
4の画像 S&W M500 アメリカ(答)
引用元:アメリカ製の拳銃「M1911」「S&W M500」 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/1734/

日本では、銃は
通信販売で買うことはできない
×(答)
引用元:【許可証確認】 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/49440/

株式会社ミロクは、高知県南国市に本社を置く猟銃、工作機械、木材を使用した自動車部品などを製造・販売する企業の持株会社である。

銃器製造[編集]
ミロクの銃器製造は1892年、土佐藩鉄砲鍛冶の末裔であった鉄砲職人、弥勒蔵次[1] により中折式(元折式)の銃器の製造が開始された事に端を発する。蔵次の息子で後にミロク工作所の創業社長となる弥勒武吉(1890年12月21日-1968年9月14日)[2] も鉄砲職人であり、戦前及び第二次世界大戦中に日本軍向けの銃器の製造に携わった経験を元に、戦後に弟子の井戸千代亀(のち2代目社長)と共にミロク工作所を設立する。英語社名の「B.C Miroku」のBは武吉、Cは千代亀のイニシャルにちなんだものである[3]。

会社設立当初は連合国軍最高司令官総司令部により日本国内での銃器製造が禁じられていた事から、1951年までは捕鯨砲の製造が事業の主力であった。捕鯨砲自体は会社設立前の1934年より製造実績のあった製品であるが、当時ノルウェーからの高価な輸入品しか存在しなかった事や[3]、生涯捕獲頭数9,104頭の世界記録を持ち大洋漁業の名砲手と謳われた 泉井守一(1904年-2002年)の激賞を受けた事もあり[1]、安価なミロクの捕鯨砲は評判を呼んだ。

2014年現在は自社ブランドのB.C Miroku名義の散弾銃を製造する他、ブローニング・アームズ社ブランドの散弾銃やウィンチェスター・リピーティングアームズ社ブランドの小銃(ライフル)のライセンス生産(OEM製造)も手掛けている[7]。2004年時点で年間12万挺の製造実績があるが、うち99%が輸出に回され、国内市場への供給は1%程度である。銃器以外ではガンドリルの製造販売や、トヨタ自動車等の高級車向けの木製ステアリング・ホイールやシフトノブの供給、パナソニックの高級扇風機「F-CWP3000」のポールの供給を手掛けているが、これらはいずれも銃器造りの技術から発展したものである[8]。
引用元:ミロク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%AF

日本では大多数の人が、ほぼ触れる機会のない猟銃。その製造を行っている国内でも数少ない会社が高知県にある。高知市の東隣、南国市に本拠を構えるミロクだ。

ミロクは1893年、土佐藩の鉄砲鍛冶をルーツに持つ弥勒武吉が、香美郡野市町(現・香南市)に猟銃製造の会社を創業したことから始まる。戦後はGHQの禁止により停止を余儀なくされたが、1951年に解禁されたことにより製造を再開。量産化にも成功して、1963年に大証2部に上場した。

そして1966年、米国の銃器メーカー・ブローニングと提携したことにより業績を伸ばし、現在、猟銃事業の売上げは70~80億円規模に達している。
引用元:世界で選ばれる「銃」をつくる 高知発、匠の技を継承する上場企業 | 月刊「事業構想」2018年10月号 https://www.projectdesign.jp/201810/area-kouchi/005491.php