business,foreigners

アメリカが外国人に発給する
非移民向けのビザで、観光や
商用のものはBビザですが

留学生を対象としたものは
◯ビザ? ◯を答えなさい
F(答)
26%

In the United States, the F visas are a type of non-immigrant student visa that allows foreigners to pursue education (academic studies and/or language training programs) in the United States. F-1 students must maintain a full course of study.[1] F-1 visas are only issued in U.S. embassies and consulates outside the United States, although extensions of stay and changes of status may be possible within the United States.[2] Prospective F-1 students must apply at the schools and receive a form I-20 in order to apply for an F-1 visa.[2][3] F-1 students must show that they are able to support themselves during their stay in the U.S., as their opportunities for legal employment are quite limited.[4] F-2 visas are given to dependents of an F-1 student. F-2 visa-holders are prohibited from any form of compensated employment. However, minor children may attend public schools.[5] Finally, the F-3 visa is issued to Canadians and Mexicans who commute across the border to attend American schools.[6]
引用元:F visa – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/F_visa

A B visa is one of a category of non-immigrant visas issued by the United States government to foreign citizens seeking entry for a temporary period. The two types of B visa are the B-1 visa, issued to those seeking entry for business purposes, and the B-2 visa, issued to those seeking entry for tourism or other non-business purposes. In practice, the two visa categories are usually combined together and issued as a “B-1/B-2 visa” valid for a temporary visit for either business or pleasure, or a combination of the two. Citizens of certain countries do not usually need to obtain a visa for these purposes.
引用元:B visa – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/B_visa

ビザとは?
一般的に、外国籍の方が米国に渡航する場合は、米国ビザを取得しなければなりません。ビザは、旅行者が国籍を有する国が発給する旅券(パスポート)に貼付されます。 特定の国籍の方が米国に渡航する場合、ビザ免除プログラムの条件を満たせば、ビザなしでの渡航が可能となる場合があります。本ウェブサイトには、米国へ渡航する外国籍の方を対象とした米国ビザ情報を記載しています。 (注:米国籍の人は米国ビザを必要としませんが、米国以外の国に旅行する場合は、渡航先の国の大使館が発給するビザが必要となる場合があります。)
引用元:ビザサービス | 在日米国大使館・領事館 https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/

概要
B-1/B-2 ビザは、商用 (B-1) 、旅行または治療 (B-2) を目的として米国に短期入国される方を対象としています。通常、B-1 ビザは、取引先との会合、科学、教育、専門、ビジネス分野の会議への参加、財産の処理、契約交渉を目的とする渡航者を対象としています。B-2 ビザは、旅行、友人や親族の訪問、治療、同窓会や社交、奉仕活動など娯楽や休養を目的とする渡航者を対象としています。B-1 および B-2 ビザは、多くの場合 B-1/B-2 と統合され、1つのビザとして発給されます。
引用元:米国ビザ申請 | 商用/観光ビザ – 日本 (日本語) http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typeb1b2.asp

概要
米国は学業を目的として渡米される海外の方を歓迎します。ビザ申請前に、学生ビザの申請者は学校もしくはプログラムへの受け入れおよび承認を得ていることが必要です。学生を受け入れる教育機関は学生ビザの申請時に提出する必要書類を申請者に交付します。

ビザの種類と資格
F-1 ビザ
最も一般的な学生ビザです。米国内の認定大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどで教育を受けることを希望する場合は、F-1 ビザが必要です。週18時間以上の授業を受ける場合も F-1 ビザが必要です。

M-1 ビザ
米国の機関で非学術的もしくは職業的な教育または研修を受けることを計画されている場合は、M-1 ビザが必要です。

これらの各ビザおよび米国留学の機会についての詳細情報は、米国教育省のウェブサイトを参照してください。
引用元:米国ビザ申請 | 学生ビザ – 日本 (日本語) http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typefandm.asp