嘉南大圳

完成当時は世界一だった
八田与一が建設を指導したこと
で有名は台湾の台南市にある
ダムは「◯◯◯ダム」?
流美光頂
烏川頭山
烏山頭(答)
17%


高さ4.8mの坂本龍馬の銅像が
立つ長崎市の公園は◯◯公園?
風頭
かざがしら(答)
引用元:かざがしら風頭 | 【QMA復習】わかればいいのに https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/41053/

頂上に天池というカルデラ湖
標高は2744m
北朝鮮と中国の国境に位置
朝鮮半島の最高峰
白頭山(答)

2003年アカデミー賞候補
山村浩二監督
原作は落語
ザグレブ国際映画祭グランプリ
頭山(答)

烏山頭ダム(うさんとうダム)は、台湾の台南市官田区に位置するダムである。旧称は烏山頭貯水池で、建設を監督した水利技術者の八田與一の名に因んで八田ダムの名でも知られる。海抜468mの烏山嶺に位置し、水力発電設備を有す。上空からは緑色の珊瑚のように見えるため、ダム湖は珊瑚湖と称されている。

アメリカのフーバー・ダムが完成するまでは世界最大のダムであった。2001年の台湾十大土木史蹟選定[1]。
引用元:烏山頭ダム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%8F%E5%B1%B1%E9%A0%AD%E3%83%80%E3%83%A0

八田 與一 (はった よいち)
明治19(1886)年~昭和17(1942)年
石川県金沢市今町生まれ

 八田與一は、台湾で不毛の大地と呼ばれていた嘉南(かなん)平原に、堰堤長1,273mという当時では東洋一の規模である「烏山頭(うさんとう)ダム」と、総延長16,000kmにおよぶ給排水路を完成させました。その成果によって、嘉南平原は台湾一の穀倉地帯となりました。
 台湾では、このダムと給排水路をあわせて「嘉南大圳(かなんたいしゅう)」と呼んでおり、與一は「嘉南大圳の父」として、現在でも台湾で多くの人々に慕われ続けています。

■烏山頭ダム
 昭和5年に完成した堰堤長1,273m、高さ56m、貯水量1億5千万トンの鳥山頭ダムを造るにあたって、與一は当時としては新しい三つの方法を取り入れました。

①セミハイドロリックフィル工法(湿式土堰堤工法)の採用
 この工法は、地震の多い台湾では当時最善の方法でした。コンクリートの土台を中心部にだけ用い、大量の土砂をその上に盛るのですが、このときに水の力を利用して、粘土や細やかな土砂を下に落ち着かせ、土の堰堤を造るものです。
②大型土木機械の使用
 工事を早く進めるため、当時ではほとんど使われていなかったスチームショベルやエアダンプカーなどの大型土木機械を47種類取り入れました。
③烏山頭に町をつくる
 工事で働く人だけでなく、その家族も一緒に住むことのできる町をつくりました。與一は「よい仕事は安心して働ける環境から生まれる」という考えから、宿舎のまわりに学校や病院、テニスコート、プールなどもつくりました。彼自身も工事期間中、家族とともにこの町で生活しました。
引用元:常設展 | 金沢ふるさと偉人館 https://www.kanazawa-museum.jp/ijin/exhibit/05hatta.html

さて、そんな八田の銅像が、現在ダムのほとりにある芝生の上にぽつんと座っています。もちろんそのスタイルは、腰をおろして、今にも怒り出しそうな、頭の髪の毛をいじるポーズ。最も印象深い、彼らしい姿で銅像は作られています。実は、この銅像、戦争中に金属供出のために一時期撤去され行方不明になっていたのですが、なんとも幸運なことに戦後たまたま発見され、ダムの管理組合である嘉南農業水利会の事務所2階に保存されました。台湾では戦後、日本時代の人物をあがめることなど、絶対にできないことで、命に危険がおよぶ時期がありました。しかし、多くのこの地域の台湾人が、八田與一の業績に敬服しつつ、時が来る1956年まで、この銅像を事務所の2階でこっそりと保管していたのです。

八田は、1941年フィリピンの南方開発に赴くために「大洋丸」に乗り込みました。しかし、アメリカ軍の魚雷攻撃にあい、船は沈没。八田も命を落としました。1942年5月8日のことです。終戦直後、妻の外代樹は後追いするように、烏山頭ダムの放水口に投身自殺をしており、美談として語り告がれています。

八田が亡くなった5月8日は命日として、今でも烏山頭ダムで追悼式典が行われています。日本からの遺族(今では三代目のお孫さん)のほか、台湾の農業・土木関係者・総統までもが参拝に訪れるほどの、規模は小さいですが、意義ある式典となっています。
引用元:八田與一と烏山頭水庫(台南市) | 台湾観光-台北ナビ https://www.taipeinavi.com/miru/103/

こんにちは、台北ナビです。今回は、皆様にぜひ鑑賞してほしい映画をご紹介します!
映画名は「パッテンライ!!」。台湾の灌漑治水事業に大きな足跡を残した『八田與一』の物語です。八田は、明治から大正、昭和にかけての日本統治下の台湾に土木技師として派遣されました。彼の偉大な功績は、当時不毛の大地だった台南県の旱魃地帯「嘉南平原」に灌漑用水路を引いて、一大穀倉地帯に変貌させたこと。そして、その用水路は東洋無比の長さでした。作品は、八田與一の苦難の活躍を、工事現場付近につくられた宿舎で暮らす子どもたちの視線から感動的に描きつたえます。日本と台湾の子どもたちの心の交流も魅力的に描かれています。
引用元:11月13日(金)台湾一斉ロードショー!長編アニメ映画『パッテンライ!!』 | 台北ナビ https://www.taipeinavi.com/special/5027076