Mariano Rajoy

2011年からスペインの首相を
務めたが、2018年6月に
内閣不信任案の可決により
退任した政治家は?
ノリイマアホラ・
マリアノ・ラホイ(答)
33%

マリアーノ・ラホイ・ブレイ(Mariano Rajoy Brey、1955年3月27日 – )は、スペインの政治家。スペイン首相(第6代)、ホセ・マリア・アスナール政権の公共行政大臣(Ministro de Administraciones Públicas)、教育文化大臣(Ministro de Educación y Cultura)、内務大臣(Ministerio del Interior)、国民党党首他を歴任。2000年から2003年にかけては第一副首相(Vicepresidente primero del Gobierno)を兼任した。
引用元:マリアーノ・ラホイ・ブレイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4

【パリ=三井美奈】スペイン下院は1日、中道右派「国民党」のラホイ首相に対する不信任案の採決を行い、賛成多数で可決した。ラホイ首相は失職し、同案を提出した社会労働党のサンチェス書記長が首相に就任する。新政権は基盤が脆弱で、数カ月内に総選挙が行われる見込み。
引用元:スペインのラホイ首相が失職 不信任案可決、後任は社会労働党サンチェス書記長(1/2ページ) – 産経ニュース https://www.sankei.com/world/news/180601/wor1806010033-n1.html