慶良間、やんばる、奄美

次の国立公園を
制定された順に選びなさい
慶良間諸島国立公園
やんばる国立公園
奄美群島国立公園
16%

美ら海慶良間-海と島がつくるケラマブルーの世界-
指定:平成26年3月5日
面積(陸域のみ):3,520ha
沖縄県
慶良間諸島は、沖縄県那覇市の西方約40kmの地点に位置する、大小30余りの島々と数多くの岩礁からなる島しょ群で、平成26年3月5日(サンゴの日)に31番目の国立公園として指定されました。
透明度の高い海域景観、多様なサンゴが高密度に生息するサンゴ礁、ザトウクジラの繁殖海域、多島海景観、白い砂浜、海食崖とそこに発達した風衝地特有の植生など、海と陸が連続した多様な景観を有し、陸域が3,520ha、海域は90,475haと公園区域の大半が海域となっている国立公園です。
沖縄本島(那覇市泊港)から高速船で約35~50分とアクセスが良好で、ケラマブルーと称される美しい海でのダイビングやシュノーケリング、冬にはホエールウォッチングも楽しむことができます。
引用元:環境省_慶良間諸島国立公園_公園の特長 http://www.env.go.jp/park/kerama/point/index.html

亜熱帯の森やんばる-多様な生命(いのち)育む山と人々の営み-
指定:平成28年9月15日
面積(陸域のみ):17,331ha
沖縄県
やんばる国立公園は、沖縄島北部に位置し、平成28年9月15日に33番目の国立公園として指定されました。国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がり、琉球列島の形成過程を反映して形成された島々の地史を背景に、ヤンバルクイナなど多種多様な固有動植物及び希少動植物が生息・生育し、石灰岩の海食崖やカルスト地形、マングローブ林など多様な自然環境を有しています。また、このような自然環境の中での日々の暮らしで育まれてきた伝統的なやんばるらしさが息づく人文景観が特長です。やんばる国立公園では、このような亜熱帯の大自然を舞台に、景勝地めぐり、トレッキング、カヌー、アニマルウォッチング、ドライブなどのレジャーが盛んに行われており、訪れる公園利用者へ良質な自然とのふれあいの場・機会を提供しています。
引用元:環境省_やんばる国立公園_公園の特長 https://www.env.go.jp/park/yambaru/point/index.html

生命にぎわう亜熱帯のシマー森と海と島人のくらしー
指定:平成29年3月7日
面積(陸域のみ):42,181ha
鹿児島県
奄美群島国立公園は、鹿児島県の最南部に位置し、平成29年3月7日に34番目の国立公園として指定されました。
奄美群島の島々には、豊かで多様な自然環境と固有で希少な動植物からなる生態系、そして人と自然のかかわりから生まれた文化景観が残されています。
島ごとに個性的で魅力のある自然と、人々の営みの歴史や暮らしを感じる体験を楽しむことができます。
引用元:環境省_奄美群島国立公園_公園の特長 http://www.env.go.jp/park/amami/point/index.html