【南ア】

クルーガー国立公園がある
アフリカの国は?
ジンバブエ

ケニア
ガーナ
南アフリカ共和国(答)
-%

一問多答
次のうち、アフリカのサファリで人気の高い「ビッグファイブ5」と呼ばれている動物を全て選びなさい
ライオン(答)
ヒョウ(答)
バッファロー(答)
ゾウ(答)
サイ(答)

クルーガー国立公園(英:Kruger National Park)とは、南アフリカ共和国北東部のリンポポ州とムプマランガ州に跨って存在するアフリカ有数の大きさを有す鳥獣保護区である。19,485km2 (7,523 sq mi)の面積を有し、南北360キロメートル (220 mi)、東西65キロメートル (40 mi)の幅を有している。

概要
クルーガー国立公園はリンポポ州とムプマランガ州に跨っており、北側にはジンバブエ、東側にはモザンビークが隣接している。この公園とジンバブエのゴナレゾウ国立公園、モザンビークのリンポポ国立公園とを合わせて大リンポポ越境公園と言う越境保護区の名で呼ばれる事もある。そして、9つの正門を有し、それぞれが異なるキャンプへと繋がっている。

クルーガー国立公園はクルーガー峡谷生物圏の一部であり、この生物圏は国際連合教育科学文化機関によって指定されている[6]。

また、ウイルスに関するビデオであるクルーガーの戦いの撮影地である。
引用元:クルーガー国立公園 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%BC%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%85%AC%E5%9C%92

南アフリカでサファリと言えば、クルーガー国立公園。ここでは有名なビッグファイブを見れるだけでなく、数百種類もの鳥、古代の木々、曲がりくねった川などがあり、古代から続く大自然に息をのむ旅人も少なくありません。ここに来れば、あなたが思い浮かべる“サファリ体験”のすべてがあると言っても過言ではありません。

ここでは、南アフリカの大きな太陽と共に一日が始まります。期待をいっぱいに膨らませながら、宿泊施設を車で出発し、ライオンがハンティングする姿、さりげなく大きな木にもたれかかるヒョウ、朝の散歩をするゾウの群れなどを至近距離から観察する・・・これ以上エキサイティングな場所はありません!

クルーガー国立公園は、何千もの動物達の生息地となっています。アカシアの葉を探すキリン、目の前を横切るバッファローの群れ、見つけにくい大型のネコ科動物が日陰を楽しむ姿、ウミワシが発する独特な鳴き声など、ここはまさにライオン・キングの世界です。何百ものカモシカの群れや午後の日差しを浴びるワニ、そして水中で涼むカバを見た時の感動。ハイエナの夜通しの鳴き声、縄張りを誇示するライオンの声、そして運が良ければ、ほとんど聞こえないほど静かな、ワイルド・ドッグの群れが徘徊する足音も聞けるかもしれません。世界で一番有名な動物保護区では、五感をフルに使って様々な体験をしてみてください。
引用元:世界一の動物保護区『クルーガー国立公園』 – 南アフリカ観光局 http://south-africa.jp/meetsouthafrica_lists/2768/

南アフリカのビッグファイブ・サファリは、野生動物の魅力にひかれるすべての人にとって見逃すことのできない見どころです。ビッグファイブとは、バッファロー、象、ライオン、ヒョウ、サイのことで、狩猟するのに最も危険な動物と考えられていることからこの名前がつきました。今では、ビッグファイブを自然の生息環境の中で写真撮影することがスリル満点のレジャーとなっています。
引用元:ビッグファイブ・サファリ – 南アフリカ観光局 http://south-africa.jp/meetsouthafrica_lists/311/