「ノン・ルフールマンの原則」Non-refoulement「難民の追放・送還禁止する国際法上の原則」

026ihdlyiV
015AYPPehcNVK
「難民を迫害の恐れがある国
へ追いやってはならない」
という国際法上の原則は
◯◯◯◯◯◯◯◯◯の原則?
ルノルンマン・フー
→ノン・ルフールマン
「ノン・ルフールマンの原則」
Non-refoulement

ノン・ルフールマン原則(のん・るふーるまんげんそく、仏: Non-refoulement, 追放及び送還の禁止、ついほうおよびそうかんのきんし)は生命や自由が脅かされかねない人々(特に難民)が入国を拒まれあるいはそれらの場所に追放したり送還されることを禁止する国際法(つまり難民法)上の原則である。個人の社会集団や階級の所属に基づく迫害の明らかな証拠のある恐れに当て嵌まるアジールと異なり、追放の禁止は包括的な本国送還を扱い、一般に戦争地域と災害地域の難民のことである。
引用元: ノン・ルフールマン原則 – Wikipedia.

翻訳:refoulement
撃退する: げきたいする: repousser, refouler, culbuter
引用元: オンライン仏和辞典: 「refoulement」の翻訳 #2.