Adolescent and Young Adult

若くしてがんと闘う10~30歳代の
ことを「思春期」と「若年成人」
を意味する英語の頭文字を取って
「◯◯◯世代」という?
GAMT
INYE
AYA(答)
0%


インテル社のマイクロプロセッサ
民主化運動に参加
IT革命の牽引役
1960年代生まれの韓国人
246世代
633世代
386世代(答)
623世代

591AZecwvg
アレン・ギンズバーグやジャック
・ケルアックといった、1950年代
に活躍したアメリカの作家を
◯◯◯ジェネレーションという?
ローク
ビイル
バッム
ビート(答)
「ビートジェネレーション」

1036YLLnglGdng
次のアメリカ社会を分類する時に
用いられる世代の区分を
生まれたのが早い順に選びなさい
サイレント世代
ベビー・ブーマー
ジェネレーションX
ミレニアルズ
引用元:アメリカの世代 1950年代「ビート」ジェネレーション・ジャック・ケルアックが提唱 1920年代「ロスト」ジェネレーション ヘミングウェイのエピグラフ 世代順「サイレント世代」「ベビーブーマー」「ジェネレーションX」「ミレニアルズ」 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/17044/

アヤ‐せだい【AYA世代】

《AYAはadolescents and young adults(思春期と若年成人)の略》がん患者のうち、15歳から30歳または40歳前後までの人。
[補説]一般に小児がんの対象となる年齢からは外れており、また成人のがん患者としては若年であることから、受診できる医療機関が少なかったり、公的な支援が受けにくかったりするなどの問題がある。
引用元:AYA世代(アヤセダイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/AYA%E4%B8%96%E4%BB%A3-1824529

はじめに
「小児がん」とは、一般的に15歳未満のお子さんに発生するがんを指しますが、東病院小児腫瘍科では、15歳から30歳前後の思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult, AYA)の患者さんに発症する「がん」を特に専門的に治療しております。

AYA世代に発生するがんは、15歳未満の小児に発生する場合に比較して、一般的に予後不良とされます。AYA世代のがん診療の専門家が少なく、特にわが国では未だAYA世代に発生するがんの現状が正確に把握されていません。

当センターでは、AYA世代に特有のさまざまな問題点に配慮し、豊富な治療経験を生かし、各成人診療科・先端医療科やサポーティブケアセンターなどとの協力体制の下、最善の医療を提供しております。特に、AYA世代の患者さんに発生する固形腫瘍を対象とした多施設共同臨床研究も複数計画しております。

国内でも数少ない「専門家」の意見をお聞きになりたい方は、当センターまでご相談ください。
引用元:思春期・若年成人(AYA世代)に発症するがん診療 | 国立がん研究センター 東病院 https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/clinic/pediatric_oncology/050/index.html

386世代(386세대、386 Generation[2])は、韓国における特定の世代を指す用語。広義的には1990年代に30代(3)で、1980年代(8)に大学生で民主化学生運動に参加していた者が多い1960年代(6)の生まれを指している。そのため2010年代現在は40代の人間も多い(一部世代は50代に差し掛かっている)ので486世代(486세대[3]、사팔육세대、サパルュク セデ[1])と呼ばれている[4]。
引用元:386世代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/386%E4%B8%96%E4%BB%A3

i386(Intel 386)とは、米国インテル社が開発、販売したパソコン用マイクロプロセッサである。
現在まで続く、32ビット版x86命令(IA-32)の基礎を装備していた。

概要
1985年10月発売。それまでのi8086(Intel 8086)から続く16ビット版x86アーキテクチャーを引き継ぎつつ、32ビット命令へと拡張を行っている。
この拡張以降、新たに命令が拡張されたのは、1996年リリースのMMXテクノロジPentiumプロセッサのときである。

i8086互換のリアルモードとプロテクトモードを装備しており、i80286では随時のモード切替ができなかったのを、i386では切り替え可能にしている。
さらに、複数のi8086を仮想的に動作させる仮想86モードを装備している。
パイプラインはi80286同様に4段であるが、さらに6つの並列 ステージを備えている。
メモリー管理は可変長のセグメント単位のほか、固定長のページ単位での切り替えに対応している。

販売においては、それまでライセンス供給によるセカンドソース製造、販売を行っていたが、i386からは自社のみの製造、販売へ切り替えた。このため、一部のセカンドソースメーカーは、独自に互換CPUを作るようになった。

しかし、肝心の32ビット命令を活かすOSがまだなく、本格的に対応するOS/2(Ver. 2.0以後)やWindows NTが登場するのはi486が発売されてからである。また、それらOSが要求する性能にi386は対応できず、結局高速な16ビットCPUとしてのみの役に終始することとなった。
引用元:i386とは (インテルサンハチロクとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/i386