東京、ベイ、東信用

次の金融機関を
現在の名前になった時期が
早い順に選びなさい
東京信用金庫 1956
東京ベイ信用金庫 1994
東京東信用金庫 1999
35%

東京信用金庫(とうきょうしんようきんこ、英語:The Tokyo Shinkin Bank)は、東京都豊島区に本店を置く日本の信用金庫である。
沿革
1956年(昭和31年)1月1日 – 東京山手信用金庫(旧落合信用組合、旧豊島信用組合、旧京西信用組合が1950年11月1日合併)、京北信用金庫(旧豊島長崎信用組合:1930年3月22日設立)、板橋信用金庫(旧板橋信用組合:1922年4月17日設立)が合併し成立。
引用元:東京信用金庫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%87%91%E5%BA%AB

東京ベイ信用金庫(とうきょうベイしんようきんこ、英語:Tokyo Bay Shinkin Bank)は、千葉県市川市に本店を置く信用金庫である。

1994年(平成6年)
1月24日 – 大蔵省関東財務局より合併内認可書を交付[1][2]。
5月30日 – 城東信用金庫と合併、名称を東京ベイ信用金庫とする[3]。
引用元:東京ベイ信用金庫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%99%E3%82%A4%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%87%91%E5%BA%AB

東京東信用金庫(とうきょうひがししんようきんこ、英語: The Tokyo Higashi Shinkin Bank)は、東京都墨田区に本店を置く信用金庫である。通称は、ひがしん。

1999年(平成11年)1月4日 – 東武信用金庫を存続金庫として、中央信用金庫(本店:東京都墨田区)、大東信用金庫(本店:東京都墨田区)、協和信用金庫(本店:東京都江東区)と合併するとともに、東京東信用金庫に名称変更。
引用元:東京東信用金庫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%9D%B1%E4%BF%A1%E7%94%A8%E9%87%91%E5%BA%AB