【建築】佐野利器、石本喜久治【写真】星野道夫

次の人物を職業ごとに
グループ分けしなさい
【写真家】佐野利器、石本喜久治
【建築家】星野道夫
36%

日本に震度という概念を初めて導入した明治~昭和期の建築家
佐野利器
さのとしかた(答)

佐野利器
さのとしかた
(1880―1956)
建築家、耐震構造学の権威。明治13年4月11日、山形県西置賜(にしおきたま)郡荒砥(あらと)町(現、白鷹(しらたか)町)に生まれる。第二高等学校を経て1903年(明治36)東京帝国大学工科大学建築学科を卒業、鉄骨およびコンクリート構造学を研究した。さらに耐震構造学を開拓し、1915年(大正4)「家屋耐震構造論」を発表、同時に耐火・耐風などの防災建築研究を開始した。1918年東京帝国大学教授となり、1923年の関東大震災の帝都復興計画には復興院建築局長を兼任して参画、区画整理事業を指導した。日本建築学会会長も務めた。最初の鉄骨構造建築である東京・日本橋の丸善書店の設計(1909)のほか、広く教育界、行政界でも高い功績を残している。昭和31年12月5日没。[村松貞次郎・藤原恵洋]
引用元:佐野利器(さのとしかた)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%88%A9%E5%99%A8-171494

石本喜久治 いしもと-きくじ

1894-1963 大正-昭和時代の建築家。
明治27年2月15日生まれ。大正9年東京帝大卒業直前に,堀口捨己(すてみ),山田守(まもる)らと近代建築運動グループ分離派建築会を結成する。竹中工務店にはいり,東京朝日新聞社,日本橋白木屋などを設計。昭和7年石本建築事務所を開設した。昭和38年11月27日死去。69歳。大阪出身。
引用元:石本喜久治(いしもと きくじ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%9F%B3%E6%9C%AC%E5%96%9C%E4%B9%85%E6%B2%BB-1053666

星野 道夫
ホシノ ミチオ

昭和・平成期の写真家

生年昭和27(1952)年9月27日
没年平成8(1996)年8月9日
出生地千葉県市川市
学歴〔年〕慶応義塾大学経済学部〔昭和51年〕卒,アラスカ大学野生動物管理学部
主な受賞名〔年〕アニマ賞(第3回)〔昭和61年〕,木村伊兵衛写真賞(第15回)〔平成2年〕,日本写真協会賞(特別賞 第49回)〔平成11年〕
経歴動物と写真に興味を持ち、動物写真家の田中光常の助手を2年間務める。昭和48年に出会ったグリズリー(ハイイログマ)が忘れられず、53年アラスカへ渡る。4年間で野生動物の基礎知識を学び、以後は生息地にテントを張って生活しながら年来のテーマ、グリズリーとカリブー(トナカイ)の写真を撮り続けた。平成4年から年一回日本の子供達をアラスカに迎え入れ、氷河でキャンプをしながらオーロラを見るツアーを開催。8年TBS「どうぶつ奇想天外!」の取材でロシア・カムチャッカのクリル湖畔を訪れた際、テントで就寝中ヒグマに襲われ死亡。9年遺骨がアラスカに埋葬された。著書に「アラスカたんけん記」、写真集に「グリズリー」「アラスカ 光と風」や、「星野道夫の仕事」(朝日新聞社 全4巻)がある。
引用元:星野 道夫(ホシノ ミチオ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%98%9F%E9%87%8E%20%E9%81%93%E5%A4%AB-1654463