【舞洲】まいしま


奇抜なデザインで有名なゴミ
焼却場は大阪市環境局◯◯工場?
舞洲
まいしま(答)
50%

舞洲(まいしま)は、大阪府大阪市此花区にある人工島。面積は約220ヘクタール[1]。

大阪北港の一画を占め、レジャー施設や物流拠点などが誘致されている。
引用元:舞洲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9E%E6%B4%B2

旅行雑誌「るるぶ」でも紹介された。昨年の見学者約1万4千人の5分の1が、台湾や香港など海外からという。2001年の完成から10年で15万人以上が訪れた大阪名所だ。

 大阪市西部の埋め立て地、舞洲(まいしま)の玄関口にそびえ立つ。テーマパーク「USJ」が近く、「間違えて来た人がいるそうです」と、西村朗工場長は誇らしげだった。

 白い外壁に赤、黄、黒が混じる奇抜な色づかい。曲線で柔らかさを感じる構造。煙突にある赤い稲妻のような模様は、燃焼の炎をイメージしているという。

 デザインは、オーストリア出身の芸術家、故フリーデンスライヒ・フンデルトバッサー。実際の設計は別のスタッフが担当するため、彼は自由奔放な発想でデザインを描くことができたという。

 「建築を自分を守る皮膚の延長のようにとらえ、無機質なものを避けた彼の発想から生まれている。単なる美術品ではなく、混沌(こんとん)とした大阪のまちの雰囲気に溶け込んでいる」

 フンデルトバッサーに詳しいフリーライター高安正樹さんの分析だ。庭の草木も、「自然にかえる」という発想で造られた工場のコンセプトに沿って植えられているという。
引用元:asahi.com(朝日新聞社):【舞洲ゴミ処理工場】派手に誘惑 これぞ大阪 – 関西 http://www.asahi.com/kansai/travel/kansaiisan/OSK201109290029.html