忠犬タマ公

新潟駅に銅像がある
なだれに遭った飼い主の命を
救ったという柴犬の名前は
忠犬◯◯公? ◯を答えなさい
タマ(答)
51%

忠犬タマ公(ちゅうけんタマこう)は、新潟県中蒲原郡川内村(のちの村松町、現在の五泉市村松地区)にて飼われていたメスの柴犬(越後柴犬)である[1]。飼い主を2度にわたり雪崩から救ったことから、忠犬として知られている。

概要
昭和の初めの頃、新潟県中蒲原郡川内村で猟師をしていた刈田吉太郎が飼っていた猟犬である[2]。1934年(昭和9年)2月5日と1936年(昭和11年)1月10日の2度にわたり、刈田が猟場にて雪崩に巻き込まれたのを助けた[2][3]ことにより、日本や世界の新聞・ラジオで大きく取り上げられた[3]。タマは新潟県知事やアメリカ合衆国から表彰され[3]、1940年(昭和15年)に11歳で没した[4]。

銅像
1937年(昭和12年)当時の川内村立川内小学校[注 1]校長の呼びかけで、銅像が川内小学校と新潟市の白山公園に建立された。このうち、白山公園に建立された銅像は第二次世界大戦中に銅鉄供出されたが、1958年(昭和33年)に再建運動が起き、翌1959年(昭和34年)、皇太子明仁親王(今上天皇)と正田美智子(皇后)のご成婚を記念して2代目が建立された。また、1982年(昭和57年)には上越新幹線開通を記念して、新潟駅南口駅舎2階の新幹線コンコースに銅像が建立された。さらに、五泉市にある村松公園にも銅像が建立されており、新潟県内には4基の忠犬タマ公の銅像が存在する[5][6][7]。
引用元:忠犬タマ公 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E7%8A%AC%E3%82%BF%E3%83%9E%E5%85%AC