ダレス、オルブライト、パウエル

次のアメリカの政治家を
国務長官に就任した順に
選びなさい
ジョン・ダレス
ディーン・ラスク
ヘンリー・キッシンジャー
ジョージ・シュルツ
ジェイムズ・ベイカー
マデレーン・オルブライト
コリン・パウエル
41%

アメリカ合衆国国務長官(アメリカがっしゅうこくこくむちょうかん、英: Secretary of State of the United States)は、アメリカ合衆国の外交を担当する閣僚。日本の外務大臣に相当する。

大統領が指名し、上院指名承認公聴会での質疑応答を経た後、上院本会議にて出席議員の過半数以上の賛成多数をもって就任が承認される。

初代国務長官はトーマス・ジェファーソン、2018年現在の国務長官はマイク・ポンペオである。
引用元:アメリカ合衆国国務長官 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E5%9B%BD%E5%8B%99%E9%95%B7%E5%AE%98

ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 – 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる[1][2]。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。

反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。
引用元:ジョン・フォスター・ダレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%AC%E3%82%B9

マデレーン・コルベル・オルブライト(英語: Madeleine Korbel Albright, 1937年5月15日 – )は、第64代アメリカ合衆国国務長官(1997年 - 2001年)。アメリカ初の女性国務長官でもある。
引用元:マデレーン・オルブライト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%87%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

コリン・ルーサー・パウエル(Colin Luther Powell, 1937年4月5日[1] – )は、アメリカ合衆国の政治家、軍人(退役陸軍大将)。ニューヨーク市サウス・ブロンクス地区出身。在米ジャマイカ人2世。学位は経営学修士(ジョージ・ワシントン大学)。

軍人としての最終階級は陸軍大将。政治家としての最高位はブッシュ政権第1期目の国務長官。軍人としての栄誉にはディフェンス・ディスティングシュドサービスメダル、陸軍最高殊勲章、国防省第1等殊勲章、青銅章、多数の名誉負傷章、軍人殊勲章、勇猛戦士章、国防長官賞などがある。文民としての栄誉には2度の大統領自由勲章、大統領国民栄誉賞、連邦議会栄誉賞、国務長官栄誉賞などがある。また、イギリス女王からバス勲章ナイト・コマンダー(KCB)に叙されている。
引用元:コリン・パウエル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB