【アンデス】カブレラストーン【メキシコ】恐竜土偶

オーパーツの1つ
1万年以上前に制作される
アンデス地方のイカ村で発見
絶滅したはずの恐竜が描かれる
ピリ・レイスの地図
黄金ジェット
恐竜土偶
カブレラストーン(答)
37%


オーパーツの1つ
南極大陸やムー大陸も見られる
兵庫県の斑鳩寺に伝わる
江戸時代の作という説が有力
聖徳太子の地球儀(答)

連想
オーパーツの1つ
1912年にアメリカの古書商が発見
現在はイェール大学図書館に保存
未解読文字や精巧な植物図
ヴォイニック写本(答)

連想
オーパーツの1つ
コロンビアの古代遺跡で発見
魚をかたどったという説もある
長さ約5cmの金細工品
黄金ジェット(答)

連想
オーパーツの1つ
メキシコのアカンパロで発見
紀元前約2500年頃の製作とされる
古代の生物をかたどったもの
恐竜土偶(答)

連想
オーパーツの1つ
1930年代にディキス地方で発見
現在まで200個以上が見つかる
ほぼ真球に近い高度な加工
コスタリカの石球

連想
オーパーツの1つ
1513年と1528年に作成
不思議な「ゆがみ」
克明な南極大陸
ビリ・レイスの地図(答)

連想
オーパーツの1つ
イギリスのヘッジスが発見
映画『インディー・ジョーンズ』
実際の頭蓋骨を精工に再現
水晶ドクロ(答)

カブレラ・ストーン(英: Cabrera Stones)は、南米ペルーの内科医ハビエル・カブレラ(西: Javier Cabrera)が所有する1万5,000点以上にわたる彫刻石のコレクションのことを示す。石の中には恐竜と人間が共存するかのような絵もあり、オーパーツといわれた。別名、イカ (Ica) の石とも呼ばれる。

当初から、彫刻の彫りが鋭すぎて古いものではありえないといわれていた。後にイギリスBBCの取材に対して、石を作った者も名乗り出たことで論争には終止符が打たれている。石に歯科用のドリルで彫刻した後、靴墨を塗って火であぶって古めかしい雰囲気を出していたもので、肯定派は石の表面の酸化度合いによる年代測定結果を持ち出すが、もし火であぶっていれば、酸化による年代測定では古い結果が出て当然である。
引用元:カブレラ・ストーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

アカンバロの恐竜土偶(Acámbaro figures)とは、20世紀中葉にメキシコの地方都市アカンバロ近郊で発見された小型偶像の総称である。その一部の形が現在広く知られている恐竜の復元図のそれとよく似ていることからこの名がついている。

概要
1945年7月、ドイツ人実業家ヴァルデマール・ユルスルート(Waldemar Julsrud、1875-1964)がアカンバロの町外れにあるエル・トロ山(El Toro; the bullの意)の麓で奇妙な土器を発見、土偶は日々大量に出土しその数は最終的には七年間で32000体にのぼった。ユルスルートらによる採掘は1952年に中断するがその後も発掘は続き、現在までに約37000体の土偶が発見されている。

土偶の製作された年代は紀元前4500年〜前1000年頃と測定によってバラつきがあり、またそれらの計測結果に対して疑問を投げかける声も多い。また発掘現場に埋め戻しの形跡があったと考古学者による指摘が為されており捏造の疑いが深まっている。
中南米ではこの恐竜土偶の他にも1960年代にペルーで発見されたイカストーン(カブレラ・ストーン)と呼ばれる彫刻石に恐竜の復元図とよく類似した絵が記されており、恐竜土偶と並んでオーパーツとして知られているがこちらも捏造説が浮上している。
両者に共通しているのはその膨大な遺物の点数で、イカストーンも凡そ15000体がこれまでに確認されており、捏造であるとすれば個人または少数による製作であるとは考えられず、一定以上の規模をもつ集団の手よって計画的に行われたものと予想する他ない。

発掘された土偶は現在メキシコのヴァルデマール・ユルスルート博物館にて一部展示されている。
引用元:アカンバロの恐竜土偶とは (アカンバロノキョウリュウドグウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AD%E3%81%AE%E6%81%90%E7%AB%9C%E5%9C%9F%E5%81%B6