【小西哲】こにしあきら



2001年の衆院選滋賀2区で当選
するも翌年に死去した政治家です
小西哲
こにしあきら(答)
38%

小西 哲(こにし あきら、1949年9月13日 – 2001年7月23日)は、日本の警察官僚、政治家、元衆議院議員。自由民主党員、派閥は橋本派所属。小西理元衆議院議員の兄。警察官僚を辞めた後、2000年の衆議院選に出馬して初当選。翌2001年死去。享年53(51歳)。

1996年9月、警察庁交通局交通規制課長を退職[1][3]。その後、地元の政治家らの強い要請を受け、自由民主党滋賀県第二選挙区支部長に就任[1]。1996年の第41回衆議院議員総選挙に滋賀2区から出馬した。しかし選挙2ヶ月前の帰郷といったこともあり、選挙準備も間に合わずに落選した[1]。

2000年の第42回衆議院議員総選挙に再び出馬。公明党、保守党の推薦を受けた[4]。小西は前回の選挙以来の政治活動から「政治の原点は生活の中」にあることを学んだとして、そのための景気回復や自身の若さ、大病を患った直後である現職・武村正義の健康不安を訴えた[1][5][6]。結局、小西は武村を破って当選し、地元のさきがけ王国を破った[4]。なお彼は当選後、「武村氏は立派な先輩。ご教授を得ながら地域発展に頑張る」とも語っている[4]。
引用元:小西哲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E8%A5%BF%E5%93%B2