【滋賀県】草津


江戸時代に、東海道と中山道が
合流した宿場町は◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
くさつ(答)
33%
滋賀県草津市

aZkukuAtftNm
五街道のひとつ
全部で69宿
途中に「木曽路」あり
草津で東海道と合流
中山道(答)
甲州街道
日光街道
奥州街道
引用元:「奥州街道」宇都宮・白河「甲州街道」中山道と東海道の間の道 「中山道」69宿「木曽路あり」 「北国街道」ほっこくかいどう https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/17835/

TBKDOTx
引用元:「五街道ゴミ拾い駅伝」開催スケジュールほぼ決定!|ニュース http://another-project.com/NEWS/2012/05/post-107.html

草津宿(くさつしゅく、くさつじゅく、くさつやど)は、近江国栗太郡にあった東海道五十三次の52番目の宿場で、中山道が合流する。現在は滋賀県草津市市街。本陣が現存し、国の史跡に指定されている。

東海道の江戸方からは、草津川を越えて、堤防沿いに進むと、東横町・西横町と続き、中山道との合流点に至る。ここで左折し、一町目から六町目まで続き、宮川を渡って、最後が宮町である。中山道からは、天井川である旧草津川をトンネルで抜けると追分に至るが、トンネルができたのは明治19年(1886年)のことである。
引用元:草津宿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E6%B4%A5%E5%AE%BF

追分道標
「右東海道いせみち 左中仙道美のぢ」と刻まれた道標が建つこの地は、東海道と中山道のまさに分岐・合流地点。かつて草津宿の追分見付と呼ばれていたこの地に、街道を往来する諸国定飛脚の宰領中から寄進された火袋付きの常夜灯が今に残されています。
引用元:古刹を訪ねる – 草津観光&物産まるごとガイド 草津市観光物産協会 草津観光&物産まるごとガイド 草津市観光物産協会 http://kanko-kusatsu.com/route/course03.html