Trans Europ Express


飛躍的に発展してきた航空網に
対抗するため、欧州各国の鉄道
当局が連合で1957年に登場させた
豪華ビジネス特急群の愛称は?
ICE
LER
TNX
TEE(答)
31%
Trans Europ Express

231WkgYHbulZR
1992年にマドリード~セビリアの
区間で開業した、スペイン国鉄が
運行する高速鉄道の略称は?
TVU
IPT
AGE
AVE(答)
Alta Velocidad Española
引用元:「AVE」アベ(スペイン語で鳥の意味も) スペイン高速鉄道 「Alta Velocidad Española」「スペインの高速」標準軌「1435mm」 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/7677/


次のうち、日本の鉄道で
子供料金が大人料金と同額で
あるものを全て選びなさい
乗車券
特急券
ライナー券(答)
34%

196RupehDN
次のうち、日本の鉄道で
子供料金が大人料金と同額で
あるものを全て選びなさい
指定席券
急行券
乗車整理券(答)
寝台券(答)
ライナー券(答)
グリーン券(答)
引用元:【同額】「乗車整理券」「寝台券」「ライナー券」「グリーン券」 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/23441/

Trans Europ Express, 略称TEEは、1957年から西ヨーロッパで運行されていた列車の種別である。すべて一等車からなる昼行の国際列車で一定の条件を満たしたものがTEEとされたが、後に西ドイツ、フランス、イタリアでは国内発着の最優等列車もTEEとなった。TEEには原則として一往復ごとに個別の列車名がつけられていた。一等国際列車としてのTEEは1988年に全廃され、国内列車のTEEも1991年に廃止された。1993年に二等車を含む列車として復活するものの、これも1995年に廃止された。

日本語では「欧州特急」[1]、「ヨーロッパ横断特急」[2][3]、「ヨーロッパ国際特急」[4][注釈 1]等と訳される。

特徴

TEEラインゴルト(1986年)
TEEは本来、国際的に活動するビジネス客を主な対象として設定された列車である。また第二次世界大戦後に急速に発達した航空機や自動車に対抗できる速度や利便性、快適性を追求した列車でもある[1][5]。

TEEでは出入国管理や税関検査などの手続きは原則として車内で走行中に行なえるようになっており、国境駅での長時間停車は不要になった。また食堂車を連結するか、もしくは車内の厨房からケータリングサービスが行なわれた[5]。列車によっては車内からの電話や秘書によるタイプセットなどのサービスが行なわれるものもあった[6][7]。

ほとんどの系統でTEEは1日に1往復から2往復程度であり、早朝に始発駅を出て昼頃に終着駅に着き、逆向きの列車は夕方に発車して深夜に到着するというダイヤが組まれた。これはビジネス客の出張利用を想定し午後を目的地での仕事に使えるようにしたためであり、昼間を列車の中で過ごすことはあまり想定されていない[5][1]。

TEEの利用には各国鉄の一等運賃を合算したものに加え、TEE用の特急料金が必要であった[1][8]。その額は1957年当時では1kmあたり1.47金サンチーム[注釈 2][9]と定められており、実際にはこれを各国の通貨に換算した料金表が適用された。例えば西ドイツで発券される場合は225km以下を4ドイツマルクとし、226kmから275kmまでは5マルクのように50kmごとに1マルク加算された[10]。なおビジネス客を主な対象としていたこともあり、小人料金の設定はなく各種の割引制度もほとんどが適用されなかった[11]。ただしユーレイルパスは利用可能であり、この場合特別料金も不要であった[12]。

TEEは一部の国内区間相互発着利用の場合を除いて、基本的に全車指定席であり、利用には予約が必要だった[1]。予約業務のため、列車名や駅名、その他必要な用語について各国共通の電報略号と通信手順が定められていた[13]。
引用元:TEE – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/TEE

各国の高速鉄道開業年
1964年 – 日本(新幹線を開業させたのを皮切りに、各国で続々と導入例が現れ運行区間を拡大させている。)
1966年 – 西ドイツ(試験的に一部の在来線で最高速度を200km/hに引き上げた上で運行開始。)
1969年 – アメリカ合衆国(メトロライナー。日本の新幹線に触発され導入。当初のメトロライナー電車は早期に撤退したが、メトロライナーは電気機関車牽引の客車列車として運転を継続。のち1999年にはフランスのTGV技術を使った高速列車編成「アセラ・エクスプレス」が登場する。)
1974年 – ソ連(当時ER200型。現在のソコル運転区間。同路線において現在更なる高速鉄道が建設中)
1976年 – イギリス(IC125/IC225/Virgin Voyager/Virgin Pendolino/395形/800形/801形)
1977年 – ポーランド(高速新線としてポーランド国鉄4号線が開業、但し200km/h運転が開始されたのは2014年である。)
1978年 – イタリア(ディレティッシマがミラノ – フィレンツェの一部区間で開業)
1981年 – フランス(TGV、高速新線はLGV)
1991年 – ドイツ(ICE、高速新線はNBS)
1992年 – スペイン(AVE、他にイタリアからETRベースのAralis、AVEの広軌版のユーロメッドなどもある。)
1993年 – スウェーデン(X2000(現在のSJ2000)、ストックホルム近郊に高速新線がある。)
1995年 – フィンランド(ペンドリーノ S220:イタリアのETR460がベース)
1996年 – スイス (ICN)
1997年 – ベルギー(国内の高速新線HSL 1(ブリュッセル – フランス国境)、2002年にはHSL 2(ブリュッセル – ルーベン – リエージュ – ドイツ国境)が開通、1994年から乗り入れていたTGVとユーロスター、タリスが速度向上を果たした。)
1999年 – ノルウェー(シグナチュール)
1999年 – ポルトガル(アルファ・ペンドゥラール:イタリアETR460がベース)
2000年 – スロベニア(ETR310:イタリア製)
2004年 – 韓国(フランスのTGV/LGV技術を導入して高速鉄道KTXの部分開業を果たした)
2007年 – 中華人民共和国(高速線での250km走行が始まる)
2007年 – 台湾(台湾高速鉄道:日本の新幹線車両の台湾高速鉄道仕様を導入(台湾新幹線)[13])
2009年 – トルコ(トルコ高速鉄道:アンカラ – エスキシェヒール間が部分開業。更にイスタンブールに延伸の予定[14])
2011年 – ウズベキスタン(タシュケント・サマルカンド高速鉄道)
引用元:高速鉄道 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%89%84%E9%81%93