【東ティモール】グテレス【インドネシア】ウィドド


次の東南アジアの国と
現在、大統領を務める政治家の
正しい組み合わせを選びなさい
インドネシア───ジョコ・ウィドド
フィリピン───ドゥテルテ
東ティモール───フランシスコ・グテレス
シンガポール───ハリマ・ヤコブ
50%

ハリマ・ヤコブ(Halimah Yacob、1954年8月23日 – )はシンガポールの第8代大統領[1]。シンガポールでは初の女性大統領[2]。

2017年大統領選
2016年にリー・シェンロン首相の主導により憲法が改正され、過去5回の選挙で大統領を輩出していない民族がある場合その次の大統領選の立候補者はその民族に限定されることになった[2]。2017年の大統領選はこの改正内容に該当しており、初代大統領ユソフ・ビン・イサーク以来大統領に選出されていないマレー系の候補者のみが立候補できることになった[2]。大統領選への立候補には他にも条件があり、政府の要職を3年以上務める[4]、新しく追加された条件として民間からの立候補者であれば株主資本5億シンガポールドル(約400億円)以上の企業の会長または最高経営責任者の経験者などがある[2]。2017年の選挙ではヤコブの他に4人が立候補を申請したものの、立候補資格を満たす申請者がヤコブ1人だった[4]。そのため、本来の予定では9月13日に選挙の告示を行い[4]23日に選挙を実施する予定だったが[5]、11日に首相府選挙局が立候補資格を満たしたのがヤコブ1人であることを公表[4]、3日後の9月14日に第8代大統領として就任した[2]。
引用元:シンガポール初女性大統領 予想外の反発 | NEXT MEDIA “Japan In-depth”[ジャパン・インデプス] https://japan-indepth.jp/?p=36294

ジョコ・ウィドド(インドネシア語: Ir. H. Joko Widodo、1961年6月21日 – )は、インドネシアの政治家。第7代大統領。スラカルタ市長、ジャカルタ特別州知事を歴任。闘争民主党(PDI-P)に所属。通称ジョコウィ。
引用元:ジョコ・ウィドド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%89

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ(Rodrigo Roa Duterte, 1945年3月28日[1] – )は、フィリピンの政治家。現在、同国大統領(第16代)。ダバオ市長を7期務めた。
引用元:ロドリゴ・ドゥテルテ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%86

フランシスコ・グテレス(Francisco Guterres、1954年9月7日[1] -)は東ティモールの第4代大統領[2]。「ル・オロ (Lu-Olo) 」の通称でも知られている[3]。1999年にインドネシアが東ティモールから撤退するまでの約24年間にわたり抵抗運動に参加して戦っていた[1]。
引用元:フランシスコ・グテレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9