【カプセル・イン大阪】黒川紀章


1979年に日本初の
カプセルホテルを設計した
建築家は黒川紀章である
◯(答)
70%

カプセルホテルと言えば、ベッドルームのみで宿泊料金が安く、少し窮屈なイメージがあるが、当初は最先端の建築理念を取り入れた施設であったことをご存じだろうか。実はその、「世界初」のカプセルホテルは大阪にある。1979年2月1日に誕生した、大阪の東梅田にあるカプセル・イン大阪だ。今回は、店長の本多眞一氏にお話を聞くことができた。

カプセル・イン大阪の母体であるニュージャパン観光株式会社は、当時はサウナ営業を主体とする企業だった。日本は高度成長期であり、残業で終電を逃してしまったサラリーマンが主な客層だったという。しかし、特に国鉄のスト前夜などは、仮眠室が満室になり、通路に寝る人も多く、経営者の中野幸雄氏は、「なんとかできないか」と考えていた。そこで思い出したのが、大阪万博で見かけた黒川紀章氏のカプセル住宅だったのだ。

高度成長期、日本は急激な人口増加、特に都市への人口集中への対応を余儀なくされていた。そこで、黒川紀章氏ら若手建築家は、人口増に合わせ、生き物のように成長する都市や建築を提唱。これが「メタボリズム」運動だ。カプセル住宅はその一端で、部屋などのユニットを入れ替えることで、人口増や住人のニーズに応えられる仕様となっている。その一つとして、東京に中銀カプセルタワービルが現存しているが、ボックス型の住宅を積み上げたような、ユニークな建物だ。

そこで中野氏が黒川氏に相談すると、「通常の倍以上集客できるカプセル式のホテルはどうだい?」と提案された。つまり、カプセル住宅の宿泊所版として具現化したのが、カプセルホテルなのだ。

その後はニュージャパン観光の社員も開発に加わり、全国の旅館やホテル、寝台列車を視察。最低限必要な設備は何か、寝やすい形状はと検討した。たとえば、2階へ登るステップは、寝台列車を参考にしている。
引用元:世界初のカプセルホテル「カプセル・イン大阪」。黒川紀章、カプセル住宅の宿泊所版の今 | 住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME’S PRESS】 https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00472/

中銀カプセルタワービル(なかぎんカプセルタワービル)とは、黒川紀章が設計し、世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅(マンション)である。1972年(昭和47年)竣工。

概要
黒川の初期の代表作であると共に、メタボリズムの代表的な作品である。

それぞれの部屋の独立性が著しく高く、部屋(カプセル)ごとに交換することも、技術的には可能な設計になっているが、実際には一部のカプセルのみを交換することが困難であることなどから、現在に至るまで一度も交換されたことはない。

鳥の巣箱を積み重ねたような(日本国外からの見学者はドラム式の「洗濯機を積み重ねたような」と表現する)特異な外観は、ユニット製のマンション[1]であることの機能をダイレクトに表現し、そのメタボリズムの設計思想を明確に表現したデザイン性は高く評価されている。また、ビジネスマンのセカンドハウス・オフィスとして想定されたその内装は、ベッド、エアコン、冷蔵庫、テレビ、収納などが作りつけで完備されており、洗濯機などの日用品は排されている。

2006年には、DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれている。

後述のとおり老朽化などを理由として取り壊し・建て替えを行うべきとの提案が行われているが、2016年5月現在も方針は定まっていない[2]。
引用元:中銀カプセルタワービル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%8A%80%E3%82%AB%E3%83%97%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB