COTS「棚出しで使える既成品」commercial off-the-shelf」商用オフザシェルフ

157LeJTbZXEKa
政府や軍隊がコスト削減のため
に用いる、政府用に開発されたの
ではない、既成品のソフトウェア
やハードウェアを指す言葉は?
DETT
CIWS
GMKD
COTS(答)
commercial off-the-shelf、COTS

商用オフザシェルフ(英語: commercial off-the-shelf、COTS)とは、既製品で販売やリースが可能となっているソフトウェア製品やハードウェア製品、または一般向けにライセンス提供されるものを採用することである。
>COTS製品を使う動機は、システム開発全体のコスト削減と既製品の採用による開発期間の短縮である。ソフトウェアの開発費用が増大を続けている現状では、これは有効な手段である。
以上のような理由から、1990年代、COTS は銀の弾丸(完璧な解決法)と考えられていたが、COTSを利用した開発には様々な問題があることも明らかとなってきた。開発費用と開発期間は確かに削減されるが、サードパーティの製品への依存関係の問題やインテグレーション費用の増大という新たな問題が生じている。
引用元: 商用オフザシェルフ – Wikipedia.

『棚からすぐに出してすぐ使える市販品』という意味ですが、もともと欧米の航空宇宙や軍事関係の調達に於いて、民生用の機材を活用することを意味しています。現在は、分野として航空宇宙や軍事に限らず、受注品・特注品を使用することが多い産業用分野においても、民生品の活用を指して言うこともあります。意味することや意図は同じです。
引用元: word.