【政令指定都市】四国になし


四国に政令指定都市は
一つもない
◯(答)
52%

政令指定都市(せいれいしていとし)とは、地方自治法第252条の19に基づいて、政令で指定する人口50万以上の市。法令上は単に指定都市と表記され、政令市とも略称される。2012年(平成24年)4月1日には、20市が指定されており、現在(2016年(平成28年10月以降))も指定数の増減はされていない。

概要
政令指定都市の制度は、大都市行政の合理化、福祉充実などを図るために、都道府県の権限譲渡などの一般の市とは異なる特例を定めて、昭和31年6月に制度化されている。政令指定都市になるには、下記が絶対条件となる。

人口50万人以上
都市規模や、行政処理能力が既存の政令市と同等の実態を有する
指定都市になると、公文書において、都道府県名の記載が省略可能になる。これは指定都市ならびに都道府県名=都市名の県庁所在地だけの特権である。(沖縄市、山梨市、栃木市は県庁所在地ではないため、省略できない)
あと、区(行政区)が設置されることになるが、これは公募によって決められることがほとんどである。仙台市や静岡市みたいに凝った区名になることもあれば、岡山市や熊本市みたいに単純に方角をそのまま区にしたところもある。

なお、大阪市の区の数は東京特別区の数(23)より多く、24区ある。なお、以前は26区であった。

施行時は大阪市、京都市、横浜市、名古屋市、神戸市の5市が指定を受け、その後北九州市、札幌市、福岡市、川崎市、広島市、仙台市、千葉市が指定を受けた。

しかし2001年8月30日より平成の大合併を促進させるため、期間限定で市町村合併を行い概ね70万人程度の人口があれば政令市になれるようになった。

これによる緩和で静岡市・堺市・浜松市・新潟市・岡山市・相模原市・熊本市が政令指定都市となった。
引用元:政令指定都市とは (セイレイシテイトシとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%94%BF%E4%BB%A4%E6%8C%87%E5%AE%9A%E9%83%BD%E5%B8%82