南町田「グランベリーパーク」駅


東京都町田市にある
東京急行電鉄の南町田駅が
2019年に改称する名前は
南町田◯◯◯◯◯◯◯◯◯駅?
ーベパークグリラン
グランベリーパーク(答)
23%


2016年4月、東京の六本木に
シュルツ美術館の分館として
オープンしたのは◯◯◯◯◯
ミュージアム? ◯を答えなさい
スヌーピー(答)
26%
引用元:スヌーピー美術館 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/39783/

2018年8月16日
町 田 市
東京急行電鉄株式会社
株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ

2019年秋に控える「南町田グランベリーパーク」(以下、本計画)のまちびらきに合わせ、町田市、東京急行電鉄株式会社、株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツの3者は、本計画の中央部分に位置する「パークライフ・サイト」に、「チャールズ M. シュルツ美術館」(アメリカ、カリフォルニア州)の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)、「スヌーピーミュージアム」を開館することで、事業合意しました。また、2019年度中に本計画の最寄駅名称を現在の「南町田」駅から「南町田グランベリーパーク」駅に改称し、平日も急行列車の停車駅になります。
本計画は、田園都市線南町田駅周辺に位置する鶴間公園と、2017年2月に閉館したグランベリーモール跡地を中心に、官民が連携して、都市基盤、都市公園、商業施設、駅などを一体的に再整備し、「新しい暮らしの拠点」を創り出していくプロジェクトです。

2016年4月、東京・六本木にオープンしたスヌーピーミュージアムは、来たる9月24日に予定通りの会期を終え、多くの惜しむ声を受けながらも閉館します。そしてこの度、六本木に代わる新たな場所として、南町田グランベリーパークに移転することを決定しました。公園に面し、六本木の約2倍の規模となる館内には魅力的なコンテンツが充実し、緑あふれる環境を活かしたアウトドア・プログラムを提供するなどミュージアムは新しく生まれ変わります。さらに、町田市が取り組む「えいごのまちだ事業」と連携し、子どもたちが楽しみながら英語を学べるオリジナル企画にも取り組みます。
スヌーピーミュージアムが開館する「パークライフ・サイト」エリアは、鶴間公園と商業施設の中間に位置し、ミュージアムのほか、本を媒介に人と人との交流を生み出す「まちライブラリー」、ワークショップスペース、子どもクラブ(児童館)、カフェを備えます。これらの施設と、隣接する公園と商業施設が互いに連携することで、まち全体を一体的に活用しながら、大人から子どもまでの幅広い世代の方が、新たな時間の楽しみ方を発見できる場所となることを目指します。
引用元:20180816.pdf http://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20180816.pdf

南町田駅(みなみまちだえき)は、東京都町田市鶴間三丁目にある、東京急行電鉄田園都市線の駅である。駅番号はDT25。当駅は、土曜・休日に限り急行が停車する。現在、駅の改築工事が進められている。

概要
標高は75m[2]で、東急電鉄全駅の中で最も高い。東京都に所在する鉄道駅としては最も南に位置している。

東急モールズデベロップメントが運営するショッピングモール「グランベリーモール」(2017年2月に閉鎖し、跡地では下記再開発計画が進行中)の最寄り駅で、「グランベリーモール前」という副名称が付けられていた。特に土曜・休日は同モールへの来場者が多くなることから、アクセス向上のために急行(大井町線直通を含む)が終日停車する[3]。また、2007年より平日朝(上り線のみ)に設定された準急が2014年6月のダイヤ改正で平日・土曜・休日の日中運転(上下線)を実施するようになり、これと同時にこれまで通過していた当駅にも終日停車するようになった(平日の同モールへのアクセスも結果的に向上した)[4]。

2017年より、駅周辺の再開発計画「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」に伴う駅舎改良(リニューアル)工事が進められており、改良後の駅舎にはエスカレーターやホームドアを設置する方針である[5]。さらに、この再開発計画により新たに整備されるエリアは「南町田グランベリーパーク」として2019年秋のまちびらきを予定していることから、当駅の駅名も2019年度中に『南町田グランベリーパーク駅』(後節参照)に改称し、同時に平日も急行が停車するようダイヤ改正が行われる予定となっている[6][7]。
引用元:南町田駅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%94%BA%E7%94%B0%E9%A7%85

グランベリーモール (GRANDBERRY MALL) は、東京都町田市鶴間三丁目にて東京急行電鉄が開発したショッピングモール。東急田園都市線南町田駅の南側に位置する。TOKYUポイント加盟店。

南町田駅周辺の再開発に伴い、2017年2月12日18時をもって一時閉館[5](詳細は後節、一部店舗は2月末まで営業)、2019年秋の営業再開を予定しており、営業再開時には施設名を「グランベリーパーク (GRANDBERRY PARK)」に改称することが決定している[6]。

施設の閉鎖と今後の計画
当初は10年間限定の暫定施設として計画・開設されたが、その後の方針変更により開業から10年が過ぎても暫くは営業が継続されることとなった。しかし、建物や設備などの老朽化が進んでいることに加え、近隣の商業開発が進んできていることから更なる来客を図るために、東京急行電鉄と町田市の共同による「南町田拠点創出まちづくりプロジェクト」の一環で[16][17]、2019年秋のまちびらきを目指してグランベリーモールや鶴間公園、住宅や駅前広場などを一体的に再開発する方針である(事業の完了は2020年度中を予定)。なお、再開発後のまち全体の名称は『南町田グランベリーパーク (MINAMIMACHIDA GRANDBERRY PARK)』となる[6]。

施設建替後の店舗床面積は建替前の約3万m2から約5.3万m2、店舗数は建替前の約100店舗から約200店舗、駐車場台数は建替前の1100台から約2100台と大幅な拡大を計画しており、併せて施設名も『グランベリーパーク (GRANDBERRY PARK)』に改称する[6]。また、施設デザインにはたまプラーザ駅前の複合商業施設「たまプラーザテラス」やアーバンドック ららぽーと豊洲なども手掛けているラグアルダ・ロウ・棚町建築事務所のデザイナー、パブロ・ラグアルダを起用し、広々とした空間にオープンモール型の商業施設が並ぶ「ヴィレッジ型空間」をコンセプトとしている[18][19]。

さらに、商業施設エリアと鶴間公園の中間部分に整備される「パークライフ・サイト」にはアメリカ・カリフォルニア州にある「チャールズ M. シュルツ美術館」の世界で唯一のサテライトミュージアムとなる『スヌーピーミュージアム』が2019年秋に開館(会期終了に伴い2018年9月に閉館する六本木の同名ミュージアムが移転)する他、南町田駅についても前述の通り2019年度中に『南町田グランベリーパーク駅』に改称する予定である[15]。
引用元:グランベリーモール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB