行基 日本初の「大僧正」 有馬温泉の基礎を築く

057EVyYKoJFii
日本で初めて
「大僧正」の位を与えられた
奈良時代の僧は?
行基(答)
道鏡
空也
鑑真

CIMG2824
行基が発展の基礎を築く
「坊」の字が付く宿が多い
金泉・銀泉
「日本三古湯」の一つ
白浜温泉
有馬温泉(答)
白骨温泉
登別温泉

行基(ぎょうき/ぎょうぎ) 天智天皇7年(668年) – 天平21年2月2日(749年2月23日)は、日本の奈良時代の高僧。
>僧侶を国家機関と朝廷が定め仏教の民衆への布教活動を禁じた時代に、禁を破り畿内(近畿)を中心に民衆や豪族層など問わず広く仏法の教えを説き人々より篤く崇敬された。また、道場や寺院を多く建立しただけでなく、溜池15窪、溝と堀9筋、架橋6所を、困窮者のための布施屋9ヶ所等の設立など数々の社会事業を各地で成し遂げた。
>その後、大僧正(最高位である大僧正の位は行基が日本で最初)として聖武天皇により奈良の大仏(東大寺など)建立の実質上の責任者として招聘された。
引用元: 行基 – Wikipedia.

「有馬温泉史話」によれば、舒明天皇・孝徳天皇の度重なる行幸により世間に名をしられるようになった有馬温泉ではありますが、その後徐々に衰退に向かっていったといわれます、これを再興し有馬温泉の基礎を開いたのが名僧行基です。
 行基は聖武天皇(701〜756)の信任あつく、主に池を築き、溝を掘り、橋をかけ、お堂を築くことなどに力を発揮し大きな業績を残した高僧といわれています。
引用元: 有馬の歴史 | 有馬温泉観光協会公式サイト.

有馬温泉(ありまおんせん)は、兵庫県神戸市北区(旧摂津国)にある温泉。日本三古湯の一つであり、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられ、江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされた。名実ともに日本を代表する名泉の一つである。瀬戸内海国立公園の区域に隣接する。
引用元: 有馬温泉 – Wikipedia.

日本三古湯(にほんさんことう)とは、日本で古くからの歴史がある温泉のことである。
日本三古湯には2つの選ばれ方がある。いずれも長い歴史を有し、開湯伝説では神話の時代から続くとされる温泉地もある。
日本書紀、風土記などに登場することに基づいた三古湯
道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)の3つ。
三古湯が紹介される場合は一般的にこの三古湯であるが、
引用元: 日本三古湯 – Wikipedia.