2045【シンギュラリティ】レイ・カーツワイル


人工知能が人間の能力を超えると
予想され、それに伴い起こると
されている諸問題は
「◯◯◯◯年問題」?
97853
16042
2045(答)
13%
「AIに仕事(45)を奪われる2045年問題」

2045年、これが私たちの衝撃の姿だ!
未来学者として技術的特異点の到来をいち早く予見し、人工知能(AI)の世界的権威として現在はGoogle社でAI開発の先頭に立つレイ・カーツワイル。彼が世界に衝撃を与えた名著『ポスト・ヒューマン誕生』(2007年小社刊)のエッセンスが一冊に! AIが人類の知性を上回り、私たちは生物の限界を超えてついにシンギュラリティへと到達する──。

本書が描くのは、ほぼ誰も知らなかった新しいアイデアだ。しかもそれは、人類が考えうる最大級のアイデア─つまり〈シンギュラリティ〉で、過去何百万年の間に起こったすべての変化を、次のたった5分の変化が凌駕するというものだ。これが真実だとすればあまりにぶっ飛んでいて、結局それが意味するのは、我々の知っている世界が終わり、ユートピアが始まるということになる。思うに本書は、これからの10年で最も引用される書物となるだろう。それが楽しいものになるにせよ不吉なものになるにせよ、誰もがこの波打つ震源地からスタートしなければならないのだ。
─ケヴィン・ケリー(WIRED誌創刊編集長)
引用元:シンギュラリティは近い [エッセンス版] 人類が生命を超越するとき | NHK出版 https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000816972016.html

The Singularity Is Near: When Humans Transcend Biology is a 2005 non-fiction book about artificial intelligence and the future of humanity by inventor and futurist Ray Kurzweil.

The book builds on the ideas introduced in Kurzweil’s previous books, The Age of Intelligent Machines (1990) and The Age of Spiritual Machines (1999). This time, however, Kurzweil embraces the term the Singularity, which was popularized by Vernor Vinge in his 1993 essay “The Coming Technological Singularity” more than a decade earlier.[1]

Kurzweil describes his law of accelerating returns which predicts an exponential increase in technologies like computers, genetics, nanotechnology, robotics and artificial intelligence. Once the Singularity has been reached, Kurzweil says that machine intelligence will be infinitely more powerful than all human intelligence combined. Afterwards he predicts intelligence will radiate outward from the planet until it saturates the universe. The Singularity is also the point at which machines intelligence and humans would merge.
引用元:The Singularity Is Near – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/The_Singularity_Is_Near

レイ・カーツワイル(Ray Kurzweil, 1948年2月12日 – )はアメリカ合衆国の発明家、実業家、未来学者。本名はレイモンド・カーツワイル(Raymond Kurzweil)。

人工知能研究の世界的権威であり、特に技術的特異点(technological singularity)に関する著述で知られる。

発明家としては、オムニ・フォント式OCRソフト、フラットベッド・スキャナー、”Kurzweil”ブランドのシンセサイザー「K250」、文章音声読み上げマシーン(カーツワイル朗読機)などを開発している。

2045年:シンギュラリティ

1000ドルのコンピューターは全ての人間を合わせたより知的である。これはローエンドのコンピュータであっても人間よりはるかに賢いことを意味する。
技術的特異点、人工知能は地球上で最も賢く最も有能な生命体としての人間を上回るように発生する。技術開発は、自ら考え、行動し、通常の人間には何が起こっているのか理解できないほど迅速に相互通信できるマシンによって引き継がる。マシンは、AI自らの手でそれぞれの新しい世代が迅速に開発される、自己改善サイクルの「暴走反応」に入る。これ以降、技術の進歩は、マシンの制御下におかれ、爆発的であるため、正確に(それゆえ「特異点」という)予測することはできない。
特異点は永遠に人類の歴史の進路を変更する非常に破壊的、世界的な変化を起こすイベントとなる。暴力的なマシンによって人類が絶滅させられる可能性は(ありえなくはないが)、人間と機械の間の明確な区別はもはやサイボーグ化で強化された人間とコンピューターにアップロードされた人間の存在のおかげで存在せず、ほとんどありえない。
ポスト2045: 宇宙の「覚醒」

AIは”最大速度”(光速に限りなく近いかもしくは超光速)で全宇宙に進出する。その速度はAIが光速の限界を回避する技術を発見できるかどうかによる。
2100年

人々は過去の人間が記憶のバックアップを取らず生きていたことにひどく驚くようになる。
人間の知能は数千億倍まで拡張されている。
引用元:レイ・カーツワイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、英語:Technological Singularity)、またはシンギュラリティ(Singularity)とは、未来学上の概念の一つである。端的に言えば、再帰的に改良され、指数関数的に高度化する人工知能により、技術が持つ問題解決能力が指数関数的に高度化することで、(頭脳が機械的に強化されていない)人類に代わって、汎用人工知能あるいはポストヒューマンが文明の進歩の主役に躍り出る時点の事である。

概要
技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)[1]、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび優れた知性が創造された後、再帰的に更に優れた知性が創造され、人間の想像力が及ばない程に優秀な知性が誕生するという仮説である。具体的にその時点がいつ頃到来するかという予測は、21世紀中頃~22世紀以降まで論者により様々だが、この概念を収穫加速の法則と結びつける形で一般化させたレイ・カーツワイルの影響により、2045年頃に到来するとの説が有力視されることが多い。2012年以降、ディープラーニングの爆発的な普及を契機に現実味を持って議論されるようになり、2045年問題とも呼ばれている。2016年以降、ビジネスにおいてもディープラーニングの影響が本格的に現れ始めており、技術的には全世界で一番大きな注目を集めている話題となった。
引用元:技術的特異点 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E7%89%B9%E7%95%B0%E7%82%B9