茨城県【鉾田市】、熊本県、北海道


メロンの生産量が全国1位の
都道府県はどこ?
茨城県をタッチ(答)
53%

CIMG6881qs5gJCY37G
ポジションはMF
2001年フロンターレで引退
鉾田第一高校出身
名古屋グランパスで活躍
名塚善寛
長谷川祥之
浅野哲也(答)
野口幸司
引用元:アビスパ監督「パチャメ」「ピッコリ」「松田浩」「川勝良一」「リトバルスキー」「プシュニク」「井原正巳」 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/10338/


標高1208mという、中東の国
イスラエルの最高峰は「何」山?
(画像選択肢)
1メロン(答)
2バナナ
3マスカット
4レモン
42%
引用元:「メロン山」イスラエルの最高峰 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/33710/

茨城県は18年連続生産量日本一を誇る、メロンの大産地です。甘く、果汁が滴るいばらきのメロン。
メロンというと、表面に網目が張り巡らされた「ネットメロン」が印象強く、高級品というイメージがありましたが、品種改良や栽培技術の進歩により、以前はガラス温室で栽培されたネットメロンもパイプハウスでの栽培が可能になり、リーズナブルに手に入るようになっています。
茨城県では豊富な種類のネットメロンが栽培されていて、出荷時期は4月から11月と長い期間、その時期の旬のメロンを味わうことができます。
引用元:メロン | いばらきの農林水産物 | 茨城をたべよう 食と農のポータルサイト https://www.ibaraki-shokusai.net/brand/melon/

オトメ、アンデス、クインシー、タカミ、アールス系など、メロンには色々な種類がある。都道府県別で日本一の生産量を誇るのは茨城県で、市場占有率は約25%となっている。このほかにも、ユウカ、ルピアレッド、レノン、アムス、プリンス、キンショーなど覚えきれないほどたくさんの種類がある。市町村別では、同県鉾田市が日本一の産地で、同県内にはほかにも八千代町、茨城町、小美玉市、鹿島市、神栖市などの産地が広がっている。

メロンというと、緑や薄緑、黄緑色と、多種の緑色で彩られた爽やかな丸い果物で、網目で覆われた形状のメロンは高級品という印象があり、筆者も子供の頃から畑やハウスで接する機会が多かったため、出身の静岡が日本一の産地なのかと思い込んでいた。ところが、1位は茨城、2位は熊本、3位は北海道で、以下4位山形、5位愛知と続き、意外な地域が上位に並ぶ印象だ。

 意外と言えば、茨城県ではメロン以外にも日本一の産物が多くある。三越銀座店で、知事の隣に掲げられた看板の資料によると、東京都中央卸売市場の青果物取扱高で、茨城県産の水菜、蓮根、栗、干し芋、切りみつば、チンゲンサイ、エシャレット、白菜、ピーマン、小松菜、こだますいか、カリフラワーは、13年連続の占有率(シェア)1位である。また占有率2~3位では、かんしょ、にら、ほうれんそう、ながなす、レタス、ねぎ、マッシュルーム、おおば、とうもろこし、なし、そら豆、春菊、ごぼう、いちごが連なる。茨城は実に青果物の大産地なのだ。

 茨城というと、納豆がまず頭に浮かび、水戸黄門(光圀公)、偕楽園が連想されるが、実体経済では関東の台所なのである。また、数年前からの観光魅力度アンケート調査で最下位連続という笑い話はご愛敬で、相撲界では2人(稀勢の里、高安)の横綱と大関を輩出し、名古屋場所でも優勝がかかる。この相撲の強さの粘り腰を支える納豆は、7月10日の「なっとうの日」で今年も頂点に達し、銀座の同県アンテナショップで7月31日まで「納豆フェア」を開催しサービスしている。茨城は次に何の日をつくるのか注目である。
引用元:意外な茨城、メロン生産で日本一 | 商業施設新聞 https://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=2321