【円筒図法】メルカトル図法、ミラー図法


次の地図の図法のうち
円筒図法に分類されるものを
全て選びなさい
メルカトル図法(答)
ミラー図法(答)
正距方位図法 方位図法
ボンヌ図法 円錐図法

地図学において投影法(とうえいほう)とは3次元立体の表面を2次元の平面上に表現する方法をいう。地図学以外の用例については投影法の項を参照されたい。

地図を作製する場合において、球体の地球をどのように平面の紙に描くか、またその描き方のことをいう。地球儀のように地球を球体のまま縮小して表す場合にはほとんど考慮する必要はないが、平面の紙に描く場合には必ず歪みが生じてしまい面積・角度・距離を同時に全て正しく表示することはできない。その歪みをいかに小さく使用目的に合わせて地図を描くかが投影法の要でもある。

狭い範囲の地図(市区町村の地図、都道府県の地図など)では、一般的に用いられるどの投影法で地図を作製しても発生する歪みはわずかであり、問題は生じにくい。しかし、日本全図やアジア全図、世界地図のように大きな範囲を1枚の紙に表そうとすると、無視できない大きな歪みが発生するため、地図の目的にあわせて歪み方を選択(図法を選択)する必要が出てくる。

方位図法
方位図法 (azimuthal projection) とは、ある基準点からの方位が正しい図法。投影面は基準点で地球表面に接する平面である。正軸法の場合は、基準点がどちらかの極であり、緯線が同心円として描かれ、経線がその極から放射状に延びる直線として描かれ、2つの経線のなす角が経度の差に等しい。世界図は円形となる。
正距方位図法
ランベルト正積方位図法
心射方位図法
平射図法(正角方位図法)
ユニバーサル極心平射図法
正射図法

円筒図法
円筒図法 (cylindrical projection) とは、投影面が地球に巻きつけた円筒状になる図法。正軸法の場合、接線は赤道、経線が等間隔かつ平行な直線として描かれ、緯線がこれらに直交する直線として描かれる。世界図は長方形となる。
メルカトル図法(正角円筒図法)
横メルカトル図法
ガウス・クリューゲル図法
ユニバーサル横メルカトル図法(UTM図法)
ランベルト正積円筒図法
ミラー図法
心射円筒図法
平射円筒図法
正距円筒図法

円錐図法
円錐図法 (conic projection) とは、投影面が地球に巻きつけた円錐状になる図法。正軸法の場合、緯線がどちらかの極を中心とする同心円として描かれ、経線がその極から放射状に延びる直線として描かれるけれど、2つの経線のなす角は経度の差よりは小さい図法。世界図は扇形となる。
ランベルト正角円錐図法
正距円錐図法
正規多円錐図法

擬方位図法
ハンメル図法は、ランベルト正積方位図法を変形して擬円筒図法のような形状にしたものである。これは、エイトフ図法が正距方位図法を変形して作られたのを参考にして考案されたものである。元が方位図法なので、擬方位図法と呼ばれる。

擬円筒図法
擬円筒図法とは、円筒図法のいずれかの条件を欠くことによって何らかの性質の改善を試みたもの。次の例は、経線を曲線とすることによって、ランベルト正積円筒図法よりは高緯度地方の変形を抑えつつ正積図法となるようにしている。
サンソン図法
モルワイデ図法
グード図法

擬円錐図法
擬円錐図法とは、円錐図法のいずれかの条件を欠くことによって何らかの性質の改善を試みたもの。
ボンヌ図法
引用元:投影法 (地図) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E5%BD%B1%E6%B3%95_(%E5%9C%B0%E5%9B%B3)

円筒図法(えんとうずほう、英語: cylindrical projection)は、地図投影法の分類のひとつで、地球に巻き付けた円筒に地物を投影して作られる図法、転じて、経線と緯線が直交する直線群となる図法のこと。

経線が平行な等間隔の直線からなり、緯線がそれらと直交する直線からなる。したがって緯線の取り方に自由度がある。地球表面に球面座標を入れて、経度を {\displaystyle x} x 座標、緯度を単調増加関数で変換したものを {\displaystyle y} y 座標として直交座標に描けばよいので、描画方法は比較的分かりやすい。正軸法では同緯度や同経度の関係が分かりやすく、それぞれ気候や時差と直結しているため、それらの理解もしやすくなるので、世界地図に多用される。横軸法や斜軸法も、カッシーニ・ソルドナー図法(横軸正距円筒図法)や横メルカトル図法など、中縮尺以上の地図での利用が多い。
引用元:円筒図法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E7%AD%92%E5%9B%B3%E6%B3%95

方位図法 (ほういずほう) とは、投影法のうち、ある基準点 (正軸法の場合は極) からの方位が正しい図法の総称。

地球表面に球面座標を入れたとき、極からの離角(余緯度)を単調増加関数で変換したものおよび方位角(経度)を、平面極座標の動径距離および方位角として描く投影法である。方位角がそのまま用いられる事に加え、正距でない場合でも極からの距離の遠近関係は保持される。
引用元:方位図法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B9%E4%BD%8D%E5%9B%B3%E6%B3%95

円錐図法(えんすいずほう、英語: conic projection)は、緯線が同心円として描かれ、その中心から放射状に延びる直線として経線が描かれるが、緯線は円の一部でしかない(2つの経線のなす角は経度の差よりは狭い)地図の投影法。世界図は扇形となる。
引用元:円錐図法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E9%8C%90%E5%9B%B3%E6%B3%95