はくいし


UFOで町おこしをしている
石川県の都市です
羽咋市
はくいし(答)
71%

羽咋市(はくいし)は、北陸地方の西部に位置し、石川県に属する市である。

歴史

気多大社・神門(国の重要文化財)
古代の能登国羽咋郡の地であり、海浜の寺家集落に延喜式名神大社・能登国一ノ宮気多大社が鎮座する。寺家は7世紀から14世紀にかけての祭祀遺跡である「汀の正倉院」として有名な寺家遺跡でも名高い。また周辺には全長50メートルの山伏山古墳(前方後円墳)など古墳も多く、古代豪族・羽咋君に関わるとされる。

なお羽咋の地名の由来は垂仁天皇の皇子磐衝別命がこの辺の領民を苦しめていた怪鳥を退治し、このとき皇子の連れてきた3匹の犬が怪鳥の羽を食い破ったという伝説がもととなっているとされる。それが「羽喰」の地名が起こりであり、現在の「羽咋」になったのではないかと伝えられる。
引用元:羽咋市 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E5%92%8B%E5%B8%82