ハルツ山脈、スカンジナビア山脈


次のうち、ヨーロッパの
山脈を全て選びなさい
スカンジナビア山脈(答)
ハルツ山脈(答)
シエラマドレ山脈
ザグロス山脈
カラコルム山脈
39%

ハルツ山地
ハルツさんち
Harz

ドイツ,ニーダーザクセン州とザクセンアンハルト州にまたがる山地。ゲーテの『ファウスト』によって不朽化された伝説をもつブロッケン山 (1142m) を中心に,北西-南東に長さ約 100km,幅約 30kmに及ぶ。うち北西部は比較的標高が高く,オーバーハルツと呼ばれ,保養・観光地となっている。北ドイツの平原から最も近い山地で,景観に恵まれ,鉱泉もあり,伝説も多いことなどから観光客が多く,ウィンタースポーツの中心地としてもにぎわう。南東部はウンターハルツと呼ばれ,農業,林業が行われ,牧草地も多い。山地では 10世紀頃から銀,金,銅,鉄の採掘が行われたが,現在ではそれに代って大理石,花崗岩の採掘が盛んである。
引用元:ハルツ山地(ハルツさんち)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%84%E5%B1%B1%E5%9C%B0-117255

スカンディナヴィア山脈(スカンディナヴィアさんみゃく)は、スカンディナヴィア半島を縦貫する山脈であり、スウェーデン、ノルウェー、一部がフィンランドの領土を走る。高緯度に位置するため万年雪や氷河地形が非常に多い。また山脈は西の海岸部のすぐ近くまで迫っており、その海岸はフィヨルドが発達している。山脈は南に下るほど発達しており、ノルウェー南部のヨトゥンヘイム山地がもっとも険しい。山脈最高峰ガルフピッゲン山 (2470m) 、グリッテルティン山 (2470m)は高原の中央部に並ぶ。ノルウェーの最高峰でもある。スウェーデンの最高峰は、北部のケブネカイセ山(2103m)及びサーレヨック山(2090m)であるが、この地域はラポニア地域に含まれ、世界遺産(スウェーデンの世界遺産)にも登録されている。

スカンディナヴィア山脈、特に山脈西部はシルル紀にカレドニア変動帯として形成されており、グリーンランド東端部と同じ地質帯に属する。

スカンディナヴィア山脈は古期造山帯である。
引用元:スカンディナヴィア山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%B1%B1%E8%84%88

シエラ・マドレ[山脈]【Sierra Madre】

メキシコの北西から南東に連なる大山脈。長さは約2400kmに及び,標高は3000m以上に達する。第三紀の激しい造山運動によってつくられた褶曲山脈で,東・西・南の三つの山脈よりなる。西シエラ・マドレは,アメリカ合衆国のシエラ・ネバダの延長上にあって,太平洋岸を南東に連なり,東シエラ・マドレは,ロッキー山脈から連なって,大西洋岸を南下している。東・西のシエラ・マドレは,南に向かうにつれてその高度を増し,合して南シエラ・マドレとなって西に走り,テワンテペク地峡を越えている。
引用元:シエラ・マドレ[山脈]とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%A9%EF%BD%A5%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%AC%5B%E5%B1%B1%E8%84%88%5D-1170680

ザグロス山脈(ペルシア語: رشته كوه زاگرس‎、アラビア語: جبال زغروس‎、クルド語: çiyayên Zagrosê、英語: Zagros Mountains)は、イラン高原の南西の山脈。イランの南西部からイラク、トルコそれぞれの国境線となる。最高峰はザルド山(英語版)(海抜4548メートル)[1][2][3][4][5]。

地名の語源・由来は明らかではなく、古代ギリシア人の名前、ペルシア語でミョウバンを意味する「Zaj」と粘土、土地を意味する「Rost」が転訛したとする説がある[6]。
引用元:ザグロス山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%82%B9%E5%B1%B1%E8%84%88

カラコルム山脈(カラコルムさんみゃく)は、パキスタン・インド・中国の国境付近に横たわる山脈である。アジアの大きな山塊の一部として広義のヒマラヤ山脈の一部であるが、狭義のヒマラヤ山脈とは独立した山脈である。氷河の多くが瓦礫に覆われている。カラコルムとはテュルク語・モンゴル語で「黒い砂利」という意味である。
引用元:カラコルム山脈 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%B1%B1%E8%84%88