テワカン=クイカトラン渓谷


次の文字列を順に選んで
2018年にユネスコの複合遺産に
登録されたメキシコの渓谷の
名前にしなさい
テワ
カン
クイカ
トラン
14%

第42回世界遺産委員会(だい42かいせかいいさんいいんかい)は、2018年6月24日から7月4日の間、バーレーンの首都マナーマで開催された。バーレーンでは2011年に第35回世界遺産委員会が開催予定だったが、2011年バーレーン騒乱でユネスコ本部に会場変更されたため、この第42回が同国初の世界遺産委員会となる。通常、世界遺産委員会の開催地は前回委員会時に決まるものだが、第41回委員会では費用の高騰などもあって立候補する国がなかったため、同年秋のユネスコ総会でマナーマに決まった。会場はユネスコ村(the UNESCO Village, ザ・リッツ・カールトンの敷地内に設営)である[1]。文化遺産13件、自然遺産3件、複合遺産3件の計19件が登録された結果、世界遺産リスト登録物件の総数は1,092件となった。

テワカン=クイカトラン渓谷 : メソアメリカの起源となる環境 メキシコの旗 メキシコ (自然)登録
(文化)登録延期 登録 (4), (10)
Tehuacán-Cuicatlán Valley: originary habitat of Mesoamerica
Vallée de Tehuacán-Cuicatalán : habitat originel de Méso-Amérique
テワカン(英語版)の遺跡は、ごく初期のトウモロコシ栽培を伝えるとされる[20]。第41回世界遺産委員会で文化・自然の両面とも登録延期を勧告され、情報照会決議となっていた。IUCNは生物多様性の価値を認めて登録を勧告したものの[21]、ICOMOSは一部の基準に適合する潜在性を認めつつも、選定されている資産では証明されていないとして登録延期を勧告した[22]。
引用元:第42回世界遺産委員会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC42%E5%9B%9E%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%81%BA%E7%94%A3%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

また複合遺産がひとつ決まりました。
 メキシコの「テワカン=クイカトラン渓谷:メソアメリカの起源となる環境」。さまざまなサボテンがあり、特に柱上サボテンは世界で最も稠密なほど多いところです。またこの渓谷には、先住民による古い水利施設の跡も残っており、メソアメリカ文化の中でも最も歴史の古いところとされます。
引用元:バーレーン、マナーマ第42回世界遺産委員会リポート│TBSテレビ:THE世界遺産 http://www.tbs.co.jp/heritage/feature/2018/2018_42th_05.html

The Tehuacán-Cuicatlán biosphere reserve is a protected natural area located in southeastern Mexico. Its name derives from its two main locations: Cuicatlán and Tehuacán, in the latter are their administrative offices, covers 490,186 hectares distributed among 21 municipalities in the state of Puebla and Oaxaca.

On July 2, 2018, the site was listed as a UNESCO World Heritage site.[1]
引用元:Tehuacán-Cuicatlán Biosphere Reserve – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Tehuac%C3%A1n-Cuicatl%C3%A1n_Biosphere_Reserve