タートル・「トーク」


東京ディズニーシーにある、
映画『ファインディング・ニモ』
を題材としたアトラクションは
「タートル・◯◯◯」?
シリフ
マーフ
トニア
トーク(答)
25%


次の東京ディズニーシーの
アトラクションを
登場したのが古い順に選びなさい
レイジングスピリッツ
タワー・オブ・テラー
タートル・トーク
トイ・ストーリー・マニア!
33%
引用元:レイジングスピリッツ、タワー・オブ・テラー、トイ・ストーリー・マニア! https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/39686/

タートル・トーク(Turtle Talk with Crush)は世界のディズニーパークにあるアトラクション。

概要
タートル・トーク(Turtle Talk with Crush)はCGで再現された、映画『ファインディング・ニモ』に登場する海ガメのキャラクタークラッシュとゲストが会話をしながら楽しむ参加型ショーのアトラクション。

アトラクション内は正面に巨大なスクリーンが設置されている。スクリーンは、海と客席とを隔てるガラス窓という設定であり、スクリーンにはCGでどこまでも広がる海とクラッシュ用のマイク(東京ディズニーシー版では、このマイクのことをハイドロフォンと呼んでいる)が再現されている。

ショーは、司会進行役のキャストとクラッシュによって進められる。クラッシュの声は、ゲストからは見えない位置にいる声役のキャストによって発せられ、その声に合わせてCGのクラッシュが動くようになっている。CGは映画版と同等のクオリティで構成されている上、声の発音に合わせてコンピューターが声を認識、かつ瞬時に適切な口の動きをするようになっており、ゲストは実際にクラッシュと会話をしているような体験をすることができる。アトラクション内では、前方エリアの床に主に子供のゲストが、後方の映画館の座席のようなエリアに大人のゲストが座るようになっており(東京ディズニーシー版の前方エリアは小さめのベンチになっている)、前方エリアにいる子供のゲストがクラッシュに質問したり、クラッシュの質問に答えたりすることができる(東京ディズニーシーでは、クラッシュが後方エリアのゲストも指名する)。子供に対する質問などは司会役のキャストが誘導する。クラッシュ役のキャストはゲスト全体が見渡せる位置におり(もしくは遠隔で見えるようになっており)、質問をするゲストの身振り手振りや服装などについても言及することがある。
引用元:タートル・トーク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF